Personal Computer, Financial Planning, etc...


Anycubicの3DプリンタのChironを導入

Anycubicの3DプリンタのChironを導入しました。
最大出力サイズが幅400mm×奥行400mm×高さ450mmで、個人向け3Dプリンタとしては大きいです。
組み立てから、いきなりのトラブル遭遇、そして改造によるトラブル解決までを動画で紹介しました。



複線ミニ橋脚を作ってみた

プラレールで坂やループを作る時に、ミニ橋脚を使うことがあります。
ただ、ミニ橋脚は単線用しか市販されていません。
そこで、3Dプリンターで複線ミニ橋脚を作ってみました。



プラレールで、複線レイアウトの途中に島式ホームを設置したいときに便利なレールを作ってみました。
両開きタイプと片開きタイプの2種類があります。
また、片開きタイプは、坂曲線レールを疑似的に複線化するのに使うこともできます。



磁石で壁にくっつく棚を作ってみた

ユニットバスの壁には磁石がくっつきます。
その性質を使い、100均で売られているワイヤーカゴと磁石を使って、3Dプリンターで作ったパーツと組み合わせて、磁石で壁にくっつく棚を作ってみました。







/2ページ 最後