GoogleMapsCustomFieldプラグイン(MT7用・その1)

Movable Type 7用のGoogleMapsCustomFieldプラグインを公開します。
カスタムフィールドだけでなく、Movable Type 7のコンテンツフィールドにも対応しています。
今日は、インストールの手順と、カスタムフィールドでの使い方を解説します。

1.インストール

インストールの手順は以下の通りです。

1-1.プラグインのダウンロード

プラグインは以下からダウンロードします。

GoogleMapsCustomField_1_40.zip

ダウンロードしたZipファイルを解凍すると、「plugins」と「mt-static」のフォルダができます。
これらのフォルダを、Movable Typeのインストール先ディレクトリにアップロードします。

1-2.APIキーの設定

プラグインをインストールしたら、まずAPIキーを設定します。
その手順は、こちらのページをご参照ください。

2.カスタムフィールドでの使い方

カスタムフィールドでの使い方は、従来のバージョンと同じです。

2-1.Googleマップ型のカスタムフィールドの作成

次に、記事などのオブジェクトに対して、Googleマップ型のカスタムフィールドを追加します。
その手順は、以下のページをご参照ください。

Googleマップカスタムフィールドプラグイン(その1)

Googleマップ型カスタムフィールドの設定

2-2.テンプレートタグでの地図の出力

カスタムフィールドに保存した地図は、テンプレートタグで出力することができます。
その手順は、以下のページをご参照ください。

Googleマップカスタムフィールドプラグイン(その2)

MT Cloud Starter Kit
Movable Typeのプラグイン集「MT Cloud Starter Kit」をぜひご利用ください