FreeLayoutContentFieldプラグイン正式版リリース

Movable Typeのコンテンツタイプに対応したFreeLayoutContentFieldプラグインの正式版をリリースします。
また、Movable Type 7用のFreeLayoutCustomFieldプラグインで不具合がありましたので、それを修正したものも公開します。

1.プラグインのインストール

プラグインのインストールは、以下の手順で行います。

1-1.FreeLayoutCustomField/FreeLayoutContentFieldプラグイン共通部分のインストール

FreeLayoutCustomFieldプラグインとFreeLayoutContentFieldプラグインには共通部分が多いので、共通部分を1つのプラグインにまとめました。
共通部分は以下からダウンロードします。

FLCFCommon_1_00_1.zip

Zipファイルを解凍すると「plugins」と「mt-static」のフォルダができますので、それらをMovable Typeのインストール先ディレクトリにアップロードします。

1-2.FreeLayoutContentFieldプラグイン本体

次に、FreeLayoutContentFieldプラグイン本体をインストールします。

プラグインのZipファイルは以下からダウンロードします。

FreeLayoutContentField_1_00.zip

Zipファイルを解凍すると「plugins」のフォルダができますので、それをMovable Typeのインストール先ディレクトリにアップロードします。

1-3.拡張パック

拡張パックも利用する場合は、以下のZipファイルをダウンロードします。

FLCFExtension_2_00.zip

Zipファイルを解凍すると「plugins」と「mt-static」のフォルダができますので、それらをMovable Typeのインストール先ディレクトリにアップロードします。

2.FreeLayoutCustomFieldプラグインの修正

YAMLの読み込みをYAML::Tinyモジュールで行っている場合に、エラーが発生する不具合がありました。
修正したものは以下からダウンロードすることができます。

FreeLayoutContentField_1_00_1.zip

3.ライセンス

Movable Type 7用のライセンスについては、こちらのページをご参照ください。

MT Cloud Starter Kit
Movable Typeのプラグイン集「MT Cloud Starter Kit」をぜひご利用ください