iframe版Facebookページの作成方法

先日、Facebookページ(のタブ)がiframe化され、スタティックFBMLが廃止されることを紹介しました。
そこで、iframe版のFacebookページを作る基本的な手順を紹介します。

1.Facebookページのアップグレード

iframe版のタブを使えるようにするには、まず対象のFacebookページをアップグレードします。

管理しているFacebookページ」のページに接続すると、その右上に「ページをアップグレード」のボタンがあります。

Facebookページのアップグレード

このボタンをクリックすると、アップグレードするFacebookページを選ぶためのページに移動しますので、アップグレードしたいページで「アップグレード」のボタンをクリックします。
なお、2011年3月10日には、すべてのFacebookページが自動的にアップグレードされます。

2.アプリケーションの登録

iframe版Facebookページは、Facebookアプリケーションの一種となります。
したがって、iframe版Facebookページを作るには、まずアプリケーションの登録を行います。

まず、以前の記事で解説した通りの手順で、アプリケーションを登録します。
その後、アプリケーションの設定の「Facebook Integration」のページで、「Page Tabs」の箇所を以下のように設定します。

タブ名タブの名前を決めて入力します。
Page Tab Type「iframe」を選びます。
なお、今後はFBMLは廃止される予定なので、この選択肢もなくなるものと思われます。
タブのURLタブに対応するページのアドレスを決めて入力します。
なお、タブのURLは、キャンバスURLをベースに決めるようになっています。

Page Tabsの設定

3.アプリケーションをFacebookページに追加

アプリケーションの設定が終わったら、タブ追加先のFacebookページに、そのアプリケーションを追加します。
手順は以下の通りです。

  • 「マイアプリ」のページで、iframe版Facebookページに対応するアプリケーションを選びます。
  • 「Application Profile Page」のリンクをクリックします。
    「Application Profile Page」のリンクをクリックする
  • アプリケーションのFacebookページが表示されます。
  • 左端のメニューの中にある「自分のFacebookページに追加」のリンクをクリックします。
    アプリケーションをFacebookページに追加
  • 自分が管理しているFacebookページが一覧表示されますので、追加先のFacebookページのところで「Facebookページに追加」ボタンをクリックします。

4.タブ用のHTMLをサーバーにアップロードする

最後に、タブに対応するHTMLファイルを作成し、自分のサーバーにアップロードします。
ファイルのURLは、アプリケーションの「キャンバスページURL」の設定値の後に、「タブのURL」で入力した値を足したものになります。

たとえば、アプリケーションの設定で、「キャンバスページURL」と「タブのURL」に、以下のように入力したとします。

キャンバスページURLhttp://www.○○○.com/facebook/
タブのURL(http://apps.facebook.com/□□□/)tab.html

この場合、タブに対応するHTMLファイルは、アドレスが「http://www.○○○.com/facebook/tab.html」になるように、サーバーにアップロードします。

なお、タブは幅が520ピクセルになっています。
タブ用のHTMLを作る際にも、幅が520ピクセルに収まるように、スタイルシート等で適切にサイズを調整するようにします。

5.表示の確認

ここまでの作業が終わったら、タブの表示を確認します。
対象のFacebookページを開くと、画面左端に「ウォール」「基本データ」等の項目が縦に並んでいます。
その最後に、ここまでで追加したタブの名前が表示されます。
その名前をクリックすると、iframe内にHTMLの内容が表示されます。

なお、初めて表示するときには、何も表示されないことがあります。
その時は、ページをリロードすると表示されるようです。

MT Cloud Starter Kit
Movable Typeのプラグイン集「MT Cloud Starter Kit」をぜひご利用ください