リンクの挿入をより便利にするプラグイン(MT4.1/MTOS専用版)

2008年1月28日 午前9時50分
バージョン1.22に一部不具合がありました(不具合内容はこちらを参照してください)
お手数をおかけしますが、1.22をお使いの方は、1.22bにアップデートしてくださいますようお願いします。

以前から公開していた「リンクの挿入をより便利にするプラグイン」(InsertLink)のMT4版が、Movable Type 4.1/MTOSで動作しないようになっていました。
記事編集画面のテンプレートの構造が変わったことが原因です。
そこで、MT4.1/MTOS対応版を作りました。

↓MT4.1で動作するInsertLinkプラグイン
MT4.1で動作するInsertLinkプラグイン

また、バージョンアップに合わせて、記事編集画面にリンク挿入ボタン追加する方法を変えました。
これまではテンプレートを検索して置換していましたが、今回の版ではDOMでボタンを挿入するようにしました。
これまで、「インストールしてもうまく動かない」という方がときどきいらっしゃいましたが、今回のバージョンアップで、おそらく問題を解決できると思います。

なお、この版はMT4.1/MTOS専用で、MT4.0では動作しません。

1.インストール

まず、以下からプラグインのファイルをダウンロードします。

InsertLink_1_22b.zip

ファイルを解凍すると、「plugins」と「mt-static」の2つのフォルダができます。
これらのフォルダを、Movable Typeのインストール先ディレクトリに丸ごとアップロードします。

ただし、「mt-static」ディレクトリをMovable Typeのディレクトリとは別にしている方は、「mt-static」フォルダの内容を、サーバーの「mt-static」ディレクトリの中に丸ごとアップロードします。

これ以後、ブログ記事の編集画面でリンク挿入のボタンをクリックすると、改良版のリンク挿入画面が開きます。
また、ブログ記事の編集画面に、過去記事へのリンクを挿入するボタンも追加されます。

なお、旧版では「mt-insert-link.cgi」というファイルもアップロードしていましたが、今回のバージョンではこのファイルは不要になりました。
旧版をお使いだった方は、プラグインのディレクトリから「mt-insert-link.cgi」を削除することができます。

2.ライセンス

これまでは、当Blogではプラグインのライセンスを特に明確にしていませんでした。
しかし、MTOSがGPLv2のライセンスで公開される関係で、プラグインのライセンスを明確にすることにしました。
このプラグインは、以下のようにデュアルライセンスでご提供することにします。

2-1.MT4.1個人ライセンス/MT4.1商用ライセンスと組み合わせる場合

  • 改変・再配布は自由に行っていただいてかまいません。
    ただし、改変して再配布する場合、原作者のクレジットは残しておいてください。
  • 無料でご利用いただくことができます。
    ただし、プラグインの開発やサポートのご支援のために、ドネーションをご検討いただければ幸いです。

2-2.MTOSと組み合わせる場合

  • GPLv2に従います。
  • 無料でご利用いただくことができます。
    ただし、プラグインの開発やサポートのご支援のために、ドネーションをご検討いただければ幸いです。

MT Cloud Starter Kit
Movable Typeのプラグイン集「MT Cloud Starter Kit」をぜひご利用ください