MTInclude系のタグを展開するTemplateHammerプラグイン

SixApartから「TemplateHammer」というプラグインが公開されました。
TemplateHammerプラグインは、MTInclude系のタグを使ったテンプレートで、MTInclude系のタグをインクルードする内容に置き換えて、テンプレートをフラットにする働きをするものです。

TemplateHammerプラグインのページ

1.TemplateHammerプラグイン登場の理由(推測)

Movable Type 4の標準テンプレートでは、変数とMTInclude系のタグを活用して、テンプレートの共通部分がモジュールにまとめられています。
この方式では、テンプレートをカスタマイズする際に、モジュールを一度書き換えるだけで、そのモジュールをインクルードするすべてのテンプレートにカスタマイズが適用されるメリットがあります。

一方、この方式ではテンプレートの全体的な流れがわかりにくくなるというデメリットがあります。
先日のエントリーにも書きましたが、Movable Type 3.xまでのテンプレートに慣れ親しんだ方にとって、この「テンプレートのモジュール化」がMovable Type 4への移行の1つの障壁になっていると思われます。

おそらく、SixApartに「モジュール化されたテンプレートは分かりにくい」という声が多く寄せられたのではないかと思われます。
そして、それにこたえるために、TemplateHammerプラグインが作られたのではないかと推測します。

2.TemplateHammerプラグインの使い方

TemplateHammerプラグインのインストール手順は、他のプラグインと同じようなものです。
ファイルをダウンロードして解凍すると、その中に「plugins」というフォルダができます。
このフォルダを、Movable Typeのインストール先ディレクトリにアップロードします。

TemplateHammerプラグインをインストールすると、テンプレート一覧のページで、「アクション」の欄に「Smash Template(s)」という選択肢が追加されます。
フラットにしたいテンプレートでチェックをオンにした後、この選択肢を選んで「Go」のボタンをクリックすると、フラット化が行われ、元のテンプレートに上書きされます。
なお、テンプレートのバックアップは行われませんので、バックアップが必要な場合は、あらかじめ手動でバックアップしておく必要があります。

↓テンプレートをフラット化する
テンプレートをフラット化する

3.変数を展開する機能も欲しい

Movable Type 4のテンプレートが難しいもう1つの原因として、モジュール化のために、変数と条件判断が多用されている点があげられます。
ところが、TemplateHammerプラグインでテンプレートをフラット化しても、変数と条件判断はそのまま残ります。

フラット化するだけでなく、条件判断も行った後のテンプレートが出力されれば、より便利なプラグインになると思います。
ぜひその機能も追加してほしいものです。

MT Cloud Starter Kit
Movable Typeのプラグイン集「MT Cloud Starter Kit」をぜひご利用ください