エントリーの日付を公開日時に自動変更するプラグイン(MT4用)

2007年1月18日
Movable Type 4.1/MTOSをお使いの方は、MT4.1/MTOS対応版をお使いください。
詳しくはこちらのページを参照してください。

当BlogではMovable Type用のプラグインを公開していますが、Movable Type 4で動作しないプラグインがいくつかあり、バージョンアップ作業を行っています。
その第一弾として、「エントリーの日付を公開日時に自動変更するプラグイン」をMovable Type 4対応にしたものを公開します。
Movable Type 4のベータテストをされている方は、このプラグインも試していただければ幸いです。

なお、このプラグインはMovable Type 4専用です。
Movable Type 3.xでは動作しません。

1.インストール

まず、以下のリンクをクリックして、ファイルをダウンロードします。

ReleaseDate_1_30.zip

プラグインの継続的な開発やサポートのために、プラグインをご利用された方は、ドネーション(寄付)を行っていただけると幸いです。
ドネーションの方法は、こちらのページをご参照ください。

また、このプラグインの他にも、いくつかのプラグインを配布しています。
配布中のプラグインは、Movable Type Plugin Directoryのページをご参照ください。

Movable Typeのプラグイン開発等のドキュメント「Movable Type Developer's Guide Volume 1」も販売しています。
ご自分でプラグインを作ってみたい方に、ぜひお勧めしたい一冊です。
詳細は特設ページをご覧ください。

ファイルを解凍すると、「ReleaseDate」というフォルダができます。
このフォルダを丸ごと、Movable Typeのインストール先にある「plugins」ディレクトリの中にアップロードします。

なお、Movable Type 3.xにMovable Type 4を上書きでインストールし、かつ以前からReleaseDateプラグインを使っていた場合、「plugins」ディレクトリの中に「ReleaseDate.pl」というファイルがあります。
そのファイルは削除しておいてください。

また、Movable Typeの文字コードの設定をutf-8以外にしている方もいらっしゃると思いますが、このプラグインのファイルをアップロードする際には、文字コードの変換は行わないでください。

2.利用方法

プラグインをインストールすると、エントリーおよびページの編集を行うページの「公開」の箇所に「公開日時の自動変更」という項目が追加されます。
「公開時に日時を自動変更」のチェックをオンにしておくと、エントリーを公開する時点で、その日時に自動的に変更されます。

また、「現在日時に変更」のボタンをクリックすると、「公開日」の欄に、ボタンをクリックした時点の日時が自動的に入力されます。
そして、「公開時に日時を自動変更」のチェックはオフになります。

↓「公開日時の自動変更」が追加されている
「公開日時の自動変更」が追加されている

3.デフォルトの動作の変更

エントリーを新規作成した時点では、「公開時に日時を自動変更」のチェックがオンになるようになっています。
しかし、「普段は日時を自動変更しないが、たまに自動変更したい場合がある」という方もいらっしゃいます。
そのような方のために、エントリーを新規作成した時点で、このチェックをオフにするように設定することもできます。

「設定」→「ブログの設定」メニューを選んで個々のBlogの設定を行うページを開き、ページ左端のメニューで「プラグイン」をクリックします。
すると、プラグインの設定を行うページが表示されますので、ReleaseDateプラグインの箇所で「設定を表示」のリンクをクリックします。
これで、「エントリーの公開時に日時を自動変更する」のチェックボックスが表示されますので、チェックをオフにして、「変更を保存」ボタンをクリックします。

↓「エントリーの公開時に日時を自動変更する」のチェックボックス
「エントリーの公開時に日時を自動変更する」のチェックボックス

MT Cloud Starter Kit
Movable Typeのプラグイン集「MT Cloud Starter Kit」をぜひご利用ください