メールフォーム作成用プラグイン(その1)

2007年5月30日
スパム対策機能等を追加したV1.30を公開しました。

2007年1月27日
メールフォームプラグインにクロスサイトスクリプティングの脆弱性等の不具合が見つかりました。申し訳ありません。
こちらのエントリーをご参照の上、最新版にアップデートしてください。

2007年1月23日
メールフォームプラグインのバージョン1.20を公開しました。
解説も更新しましたので、こちらのエントリーをご参照ください。

自分宛のメールを送ってもらえるようにするために、ご自分のサイトにメールフォームを設置している方をよく見かけます。
Movable Typeで作ったBlogサイトでも、メールフォームを使いたいところではないでしょうか。

ただ、Movable Typeには、メールフォームを作成するような機能はありません。
そこで、Movable Type用のメールフォーム作成プラグインを作ってみました(Movable Type 3.2以降用です)。
実際のメールフォームの例はこちらにあります。
Movable Typeのテンプレートとしてメールフォームを作ることができますので、Blogの他のページとデザインを合わせたり、メールフォームのページの中にBlogの各種の情報を入れたりすることができます。

メールフォームは、以下のステップで作成します。

  • プラグインのインストール
  • メール送信フォームのテンプレートの作成
  • 送信完了ページのテンプレートの作成
  • 送信前確認ページのテンプレートの作成
  • 送信エラーページのテンプレートの作成

作業の量が結構ありますので、数日に分けて解説します。
今日は、プラグインのインストールの手順です。

1.プラグインのダウンロード

まず、以下のリンクをクリックして、プラグインのファイルをダウンロードします。

MailForm_1_30.zip

プラグインの継続的な開発やサポートのために、プラグインをご利用された方は、ドネーション(寄付)を行っていただけると幸いです。
ドネーションの方法は、こちらのページをご参照ください。

また、このプラグインの他にも、いくつかのプラグインを配布しています。
配布中のプラグインは、Movable Type Plugin Directoryのページをご参照ください。

Movable Typeのプラグイン開発等のドキュメント「Movable Type Developer's Guide Volume 1」も販売しています。
ご自分でプラグインを作ってみたい方に、ぜひお勧めしたい一冊です。
詳細は特設ページをご覧ください。

ダウンロードしたファイルは、zip形式で圧縮してありますので、解凍します。
解凍すると、「MailForm」というフォルダができます。このフォルダをMovable Typeの「plugins」フォルダにアップロードします(「plugins」フォルダの中に「MailForm」フォルダができるようにします)。

また、アップロード先の「MailForm」フォルダの中に、「mt-mail-form.cgi」というファイルができます。
このファイルのパーミッションを「705」などに変更して、実行可能にします。

なお、ファイルの文字コードはutf-8にしてあります。
Movable Typeの文字コードの設定をutf-8以外にしている方は、その文字コードに変えてファイルをアップロードします。

2.送信先メールアドレスの設定

次に、メールフォームからメールを送信されたときの、送信先のメールアドレスを設定します。
送信先メールアドレスは、Blogごとに設定することができます。

Blogの「環境設定」メニューの中の「設定」をクリックします。
そして、設定の中の「プラグイン」のタブをクリックして、プラグインの設定を開きます。
すると、プラグイン一覧の中に「MailForm」が表示されます。
「設定を表示」のリンクをクリックすると、送信先メールアドレスを設定する欄が表示されますので、メールアドレスを入力して「変更を保存」ボタンをクリックします。

↓送信先メールアドレスの設定
送信先メールアドレスの設定

MT Cloud Starter Kit
Movable Typeのプラグイン集「MT Cloud Starter Kit」をぜひご利用ください