CustomFieldsListingプラグイン(MT7用β1)

記事等の一覧のページでカスタムフィールドの値も表示できるようにするプラグイン(CustomFieldsListing)の、Movable Type 7対応版を公開します。

1.インストール

プラグインは以下からダウンロードします。

CustomFieldsListing_1_30b1.zip

ダウンロードしたZipファイルを解凍すると、「plugins」と「mt-static」の2つのフォルダができます。
これらのフォルダを、Movable Typeのインストール先ディレクトリにアップロードします。

2.利用方法

インストール後の使い方は、従来のプラグインと同じです。
以下の記事をご参照ください。

カスタムフィールドの値を一覧画面に表示するプラグイン(その1)

3.カスタムフィールドの値での並べ替え

カスタムフィールドの値の昇順/降順で並べ替えを行うことができます。
また、並べ替えの動作として、以下の2通りをサポートしています。

  • 速度は遅いものの、動作に制限がない並べ替え
  • 動作に制限があるものの、高速な並べ替え

高速な並べ替えを行う場合、「DefaultValueSetter」というプラグインを別途インストールして、カスタムフィールドの初期値を設定します。
DefaultValueSetterプラグインは以下からダウンロードします。

DefaultValueSetter_1_10b1.zip

また、DefaultValueSetterプラグインの使い方は、従来のバージョンと同じです。
以下の記事をご参照ください。

カスタムフィールドの値を一覧画面に表示するプラグイン(その2)

なお、DefaultvalueSetterプラグインでは、多くのフィールドの値を更新する処理を行います。
そのため、このプラグインを使う前に、データベースをバックアップし、またバックアップから復元できることを確認しておき、不測の事態に備えるようにしてください。
データベースをバックアップしていなかった場合、当プラグインの利用によってデータベースに何らかの不具合が生じたとしても、当方では責任を負うことはできません。

MT Cloud Starter Kit
Movable Typeのプラグイン集「MT Cloud Starter Kit」をぜひご利用ください