FreeLayoutCustomFieldプラグインのMovable Type 7対応について

こちらで配布しているMovable TypeのFreeLayoutCustomFieldプラグインの、Movable Type 7対応についてまとめます。

1.Movable Type 7対応版開発中

先日の記事に書いたように、従来のプラグインはMovable Type 7では動作しなくなることが多いと思われます。
FreeLayoutCustomFieldプラグインも、従来のもののままでは動作しません。

そこで、Movable Type 7用のFreeLayoutCustomFieldプラグインを現在開発中です。
Movable Type 7 Developer Preview 2で、おおむね動作するようになってきました。

Movable Type 7用のFreeLayoutCustomFieldプラグイン

2.Movable Type 7のコンテンツタイプへの対応

Movable Type 7では、新たにコンテンツタイプの機能が導入されます。
フィールドを自由に定義することができ、ブログの枠に縛られなくなります。

ただ、コンテンツタイプのフィールド(コンテンツフィールド)は、カスタムフィールドとは内部的な構造が異なります。
そのため、FreeLayoutCustomFieldプラグインのフリーレイアウト型のフィールドは、そのままではコンテンツタイプでは使えません。

そこで、コンテンツタイプ用に、新たに「FreeLayoutContentField」というプラグインを開発中です。
こちらも、Movable Type 7 Developer Preview 2で、おおむね動作するようになってきました。

FreeLayoutContentFieldプラグイン

MT Cloud Starter Kit
Movable Typeのプラグイン集「MT Cloud Starter Kit」をぜひご利用ください