Windowsストアアプリに挑戦(その3・テキストボックスとボタンを付ける)

Windowsストアアプリ作りの第3回として、テキストボックスとボタンを追加して、ボタンがクリックされたときに、テキストボックスに入力された名前を使って、「Hello, ○○」と表示する例を作ってみます。

テキストボックスとボタンを追加した例

1.テキストボックスとボタンをHTMLに追加

まず、アプリのdefault.htmlファイルを編集して、テキストボックスとボタンを追加します。
これは、一般のHTMLの場合と同じで、input要素などのフォーム関係の要素で行います。
冒頭に挙げた画面のようにする場合だと、default.htmlのbody要素の部分を以下のようにします。

<body>
    <h1>Windowsストアアプリ</h1>
    <p id="msg">Hello, world.</p>
    <p>名前 <input type="text" name="user" id="user" /><button id="send">送信</button></p>
</body>

また、必要に応じて、default.cssをカスタマイズして、ボタン等のデザインを変えます。
今回の例では、default.cssに以下を追加しました。

button {
    color: black;
    background-color: red;
}
button:hover {
    background-color: #ff8888;
}

2.ボタンにイベントハンドラを割り当てる

次に、ボタンがクリックされたときの動作を、JavaScriptで作っていきます。

ボタンがクリックされたときに何か処理をするには、まずボタンに対してイベントハンドラの関数を割り当てます。
これは、addEventListenerメソッドで行うことができます。

プロジェクトを作成した時点で、「default.js」というJavaScriptのファイルが自動的に作成されています。
ソリューションエクスプローラーのツリーで、「js」の下の階層にdefault.jsがあります。

default.jsを開くと、以下のような部分があります。
この部分は、アプリがアクティブになる際に実行されます。

app.onactivated = function (args) {
    if (args.detail.kind === activation.ActivationKind.launch) {
        ...
        args.setPromise(WinJS.UI.processAll());
    }
};

イベントハンドラの割り当ては、上記のsetPromiseメソッドの後に行います。
たとえば、イベントハンドラの関数に「clickHandler」という名前を付ける場合だと、以下のようにします。

app.onactivated = function (args) {
    if (args.detail.kind === activation.ActivationKind.launch) {
        ...
        args.setPromise(WinJS.UI.processAll());
        var btn = document.getElementById('send');
        btn.addEventListener('click', clickHandler, false);
    }
};

3.イベントハンドラの中身を作る

次に、イベントハンドラの中身を作ります。

今回の例では、ボタンがクリックされたときに、テキストボックスに入力された名前を使って、p要素の中身を「Hello, ○○」のように置き換えます。
この処理は、一般的なJavaScriptでのDOM操作と同じように行うことができます。

ただし、名前が入力されていないときには、「名前を入力してください。」というメッセージを表示するようにします。
一般的なJavaScriptだとalert関数でメッセージを表示することができますが、Windowsストアアプリではalert関数ではなく、「Windows.UI.Popups.MessageDialog」というクラスのオブジェクトを作成し、その「showAsync」というメソッドでメッセージを表示します。

ここまでの話にそって、clickHandler関数を作ると、以下のようになります。

function clickHandler(e) {
    var u = document.getElementById('user').value;
    if (u) {
        var msg = 'Hello, ' + u;
        document.getElementById('msg').innerHTML = msg;
    }
    else {
        var alt = new Windows.UI.Popups.MessageDialog('名前を入力してください。');
        alt.showAsync();
    }
}

2行目で、IDが「user」のテキストボックスに入力された値を読み込み、変数uに代入します。
3行目のif文で、uに値がある(=入力されている)かどうかで処理を分けます。

入力されていれば、4行目と5行目が実行され、IDが「msg」のp要素の中身が「Hello, ○○」のように変わります。
一方、入力されていなければ8行目と9行目が実行され、「名前を入力してください。」のメッセージが表示されます。

「名前を入力してください」のメッセージ

なお、イベントハンドラの関数も、default.jsに入れます。
default.jsの最後の方に「app.start();」という行がありますが、その前に関数を追加します。

4.「Windowsストアアプリに挑戦」の記事の一覧

「Windowsストアアプリに挑戦」のその他の記事は、以下のリンクから参照できます。

MT Cloud Starter Kit
Movable Typeのプラグイン集「MT Cloud Starter Kit」をぜひご利用ください