JumpBoxを使ったローカル環境の作成(その12・SOY CMSのインストール)

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

「JumpBoxを使ったローカル環境の作成」の第12回として、SOY CMSをインストールする方法を紹介します。

1.SOY CMSのダウンロード

まず、SOY CMSのダウンロードページから、インストーラのZipファイルをダウンロードします。
ZipファイルにはSQLite版とMySQL版があり、それぞれにインストーラ付き/なしがあります。
ここでは、MySQL版のインストーラ付きパッケージをダウンロードします。

2.SOY CMSのアップロード

Zipファイルを解凍すると、「soycms_installer」というディレクトリができます。
このディレクトリを、LAMPd環境の「/var/data/public」ディレクトリの中にアップロードします。

また、パソコン側で解凍してからアップロードすることもできますが、やや時間がかかります。
Zipファイルのままでアップロードして、ターミナルにログインして解凍する方が速いです。
Zipファイルを/var/data/publicディレクトリにアップロードした後、ターミナルで以下のコマンドを入力します(「x.x.x」はSOY CMSのバージョン番号)。

cd /var/data/public
unzip soycms_install_x.x.x_mysql.zip

3.SOY CMS用ディレクトリの作成

次に、SOY CMSのインストール先となるディレクトリを作ります。
SFTPを使って、「/var/data/public」ディレクトリの中に「cms」というディレクトリを作り、パーミッションを757に設定します。
また、ターミナルで以下のようにコマンドを入力して、ディレクトリを作ることもできます。

mkdir /var/data/public/cms
chmod 757 /var/data/public/cms

4.データベースの作成

次に、phpMyAdminにログインして、SOY CMS用のデータベースを作成します。
データベース名は「soycms」にします。
また、文字コードは「utf8_general_ci」にします。

SOY CMS用データベースの作成

5.インストールを進める

次に、「http://LAMPdのIPアドレス/soycms_installer/」にアクセスし、画面の指示にしたがってSOY CMSのインストールを進めます。
「MySQL設定」のステップでは、以下のように各項目を設定します。

設定項目設定値
ホスト名localhost
ポート番号空欄にします
ユーザー名admin
パスワードLAMPdの初期化の際に決めたパスワードを入力します。
データベース名soycms

データベースの設定

6.サイトのディレクトリの作成

インストールが終わったら、サイトを作成し、ページや記事を作っていきます。
ただし、サイトの作成の前に、サイト用のディレクトリを作る必要があります。

例えば、「mysite」というIDのサイトを作るとします。
この場合、/var/data/publicディレクトリの中に、「mydata」という名前のディレクトリを作り、パーミッションを「757」に設定しておきます。
その後に、SOY CMSの管理画面のトップページで「サイトの作成」のリンクをクリックし、「mydata」というIDのサイトを作ります。

MT Cloud Starter Kit
Movable Typeのプラグイン集「MT Cloud Starter Kit」をぜひご利用ください