JumpBox を使ったローカル環境の作成(その7・SFTPでの接続)

「JumpBoxを使ったローカル環境の作成」の第7回として、SFTPでLAMPdに接続して、ファイルをアップロードする方法を紹介します。

1.ファイルのアップロード

LAMPdでは、一般的なFTPではなく、SFTP(Secure FTP)が採用されています。
Windows/Mac OS XにSFTPのクライアントソフトをインストールすれば、LAMPdにファイルをアップロードすることができます。

2.WinSCPでの接続(Windows)

WindowsのSFTPクライアントの中では、WinSCPが有名です。
WinSCPでLAMPdに接続するには、以下の手順を取ります。

  • 1.WinSCPを起動します。
  • 2.「Hostname」の欄に、LAMPdのIPアドレスを入力します。
  • 3.「User name」の欄に「admin」と入力します。
  • 4.「Password」の欄に、LAMPdの初期化の際に決めたパスワードを入力します。

WinSCPでLAMPdに接続する

初めて接続するときには警告メッセージが表示されますが、「Yes」をクリックして接続を続けます。

初めて接続する際の警告メッセージ

接続後は、一般的なFTPソフトと同様の手順で、ファイルをLAMPdにアップロードすることができます。
初期状態では「/home/admin」ディレクトリに接続されます。
リモート側のツールバーに、ディレクトリを変える欄があります。

3.Cyberduckでの接続(Mac OS X)

Mac OS X用のSFTPクライアントソフトとして、Cyberduckがあります。
Cyberduckでの接続手順は、以下の通りです。

  • 1.Cyberduckを起動します。
  • 2.ウィンドウ左上の「新規接続」ボタンをクリックし、接続設定のダイアログボックスを開きます。
  • 3.ダイアログボックス最上部のドロップダウンで、プロトコルとして「SFTP(SSHによる暗号化FTP)」を選びます。
  • 4.「サーバ」の欄にLAMPdのIPアドレスを入力します。
  • 5.「ユーザ名」の欄に「admin」と入力します。
  • 6.「パスワード」の欄に、LAMPdの初期化の際に決めたパスワードを入力します。

CyberduckでLAMPdに接続する

初めて接続する時には、警告メッセージが表示されます。
「許可」ボタンをクリックして接続します。

警告メッセージ

接続すると以下のようなウィンドウが表示されます。
MacのフォルダからCyberduckにファイルをドラッグアンドドロップすると、アップロードすることができます。

Cyberduckのウィンドウ

MT Cloud Starter Kit
Movable Typeのプラグイン集「MT Cloud Starter Kit」をぜひご利用ください