カスタムフィールド追加用のテーマを作る

Movblae Type 5のテーマ機能を利用すると、カスタムフィールドを追加するだけのテーマを作ることができます。
この方法を紹介します。

1.カスタムフィールド追加用のテーマ

Movable Type 5では、新たに「テーマ」の機能が追加されました。
主にテンプレートを入れ替えるのに使いますが、テーマにカスタムフィールドの情報も入れることができます。

また、テンプレートを含まず、カスタムフィールドの情報だけのテーマを作ることもできます。
カスタムフィールドの情報だけのテーマをウェブサイト/ブログに適用した場合、ウェブサイト/ブログのテンプレートは削除されず、カスタムフィールドだけが追加された状態になりました。
また、カスタムフィールドの情報だけのテーマを適用した後で、さらに他のテーマを適用しても、一度追加したカスタムフィールドは削除されませんでした。
この仕組みを利用すれば、「カスタムフィールドを追加するだけ」という動作をするテーマを作ることができます。

多数のカスタムフィールドを追加する場合、管理画面で1つひとつ追加していくのは結構面倒です。
カスタムフィールドを定義するだけのテーマを作り、その設定ファイル(config.yaml)をテキストエディタで編集したり、プログラムで作り出したりするようにすれば、多数のカスタムフィールドを効率よく登録することができます。

2.カスタムフィールドだけのテーマを作る

カスタムフィールドだけのテーマを作るには、以下の手順をとります。

  • ウェブサイトまたはブログの管理画面で、「ツール」→「テーマのエクスポート」メニューを選びます。
  • エクスポートの設定のページが開きます。
  • テーマの名前等を決めます。
  • 「オプション」の箇所で「カスタムフィールド」のチェックをオンにします。
  • 一部のカスタムフィールドだけをエクスポートしたい場合は、「カスタムフィールド」の右にある「詳細」のリンクをクリックして、ダイアログボックスでエクスポートするフィールドを選びます。
  • 「ファイル」「テンプレートセット」のチェックをオフにします。
  • 「テーマのエクスポート」のボタンをクリックします。

カスタムフィールドだけのテーマを作る

3.config.yamlファイルを自力で作る

エクスポートしたテーマを基にして、カスタムフィールド追加用のテーマを自力で作ることもできます。

カスタムフィールドの情報のみが入っているテーマは、以下のような構造になっています。
「data:」以降の行に、個々のカスタムフィールドの情報があります。
config.yamlファイルを手作業で作ったり、あるいはプログラムで出力したりするようにすれば、自力でカスタムフィールド追加用のテーマを作ることができます。

id: テーマのID
label: テーマのラベル
name: テーマの名前
version: テーマのバージョン番号
author_link: 'テーマ作者のURL'
author_name: テーマ作者の名前
class: websiteまたはblog
description: 'テーマの概要の文章'
elements:
  custom_fields:
    component: commercial
    importer: custom_fields
    data:
      カスタムフィールドのベースネーム:
        設定横目: 設定値
        設定横目: 設定値
        ・・・
      カスタムフィールドのベースネーム:
        設定横目: 設定値
        設定横目: 設定値
        ・・・

なお、config.yamlファイルの具体的な書き方は、Movable Type 5のエクスポート機能でできるテーマを参考にされると良いでしょう。

MT Cloud Starter Kit
Movable Typeのプラグイン集「MT Cloud Starter Kit」をぜひご利用ください