SOTEC C1持ち歩きレビュー

SOTEC C1先日SOTECのネットブックであるC1を購入しましたが、これを持ち歩いて使ってみましたので、その印象等を紹介します。

電車内での利用

先日、Sigur Rosのライブを見に、名古屋まで行きました。
行きは、高崎から長野まで新幹線(あさま)、長野から名古屋は在来線(特急しなの)というルートをとりましたが、その間の車中でC1を使って仕事(原稿書き)をしました。

C1は幅が265mmで、新幹線等のテーブルに乗せると、若干余裕があります。
C1をテーブルから少し外にはみ出させれば、マウスも使うことができます。
タッチパッドはマウスほど細かい操作ができないので、マウスが使えるのは便利でした。

↓新幹線の座席のテーブルにC1とマウスをおいた様子
sotec_c1.jpg

また、C1はキーボードのピッチが17.5mm、ストロークが2mmあります。
ピッチがこれだけあれば、デスクトップ用のキーボードには及ばないにしても、入力しにくいという感じは特にありませんでした。

ただ、C1はバッテリーの持ちがあまりよくありません。
公式な仕様では、バッテリーの動作時間は2.1時間になっています。

しかし、実際には1時間40分ほどでバッテリー切れが近いという警告メッセージが表示されました。
高崎から名古屋まで4時間弱電車に乗っていましたので、1時間40分では不足でした。
この日は汎用バッテリーのSlim 60も持っていったので、名古屋までバッテリーを持たせることができましたが、純正オプションで容量の大きなバッテリーを出してほしいところです。

インターネットへの接続

C1はNetbookなので、屋外でのインターネット接続ももちろん行いました。

電車内での接続には、先日導入したb-mobile 3Gを使いました。
b-Mobile 3GはNTT Docomoの3Gネットワークを使っています。
そのため、接続すると、「速度3.6Mbps」のポップアップ表示が出ます。

ただ、実際にはそこまでの速度は出ません。
画像が多いWebページを表示しようとすると、若干時間がかかる感じがありました。
もっとも、ちょっとメールチェックする程度であれば、遅くて困るということは特にありませんでした。

また、C1には無線LAN(802.11b/g)が内蔵されていますので、公衆無線LANがあるところなら、インターネットに接続することができます。
一昨日(CSS Niteビギナーズの前日)に東京で宿泊しましたが、宿泊先には無線LANのサービスがあったので、そこにいる間はインターネットも十分に使うことができました。

ただ、C1でFirefox 3.0を使うと、Firefoxがよく落ちました。
他の作業では特に落ちやすいということはなかったので、なぜかFirefoxとだけ相性が良くないようです。

MT Cloud Starter Kit
Movable Typeのプラグイン集「MT Cloud Starter Kit」をぜひご利用ください