MT4.2の再構築速度の向上

MOVABLETYPE.JPの「Movable Type 4.2 を発表しました」の記事によると、以下のように、Movable Type 4.2では再構築の速度が向上しているということです。

Movable Type 4.1 から 4.2 にアップグレードするだけで構築処理速度は 33% アップ。さらに テンプレートモジュールのキャッシュ機能を使用すると、45% 以上の速度アップを期待できます。

そこで、こちらでも再構築速度がどのぐらい向上するかを検証してみました。

以下のような手順で、MT4.1とMT4.2の再構築速度を比較してみました。

ケース内容
ケース1MT4.1を新規インストールし、当ブログの記事をインポートして、ブログ全体を再構築
ただし、ユーザー月別とカテゴリー月別のアーカイブマッピングは削除
ケース2ケース1の環境をMT4.2にアップグレードし、ブログ全体を再構築
ケース3ケース2の環境で、「カテゴリアーカイブ」のウィジェットをキャッシュするように設定して、ブログ全体を再構築
ケース4ケース3に加えて、「月別アーカイブ」のウィジェットをキャッシュするように設定して、ブログ全体を再構築

すると、以下のような結果が得られました。
前述の記事の結果よりも、さらに良い値が出ています。

ケース再構築の所要時間
ケース1
19分37秒
ケース2
11分13秒(42.8%短縮)
ケース3
5分54秒(69.9%短縮)
ケース4
4分26秒(77.4%短縮)

このように、MT4.1からMT4.2にアップグレードし、さらにキャッシュの機能も活用すると、再構築の所要時間を大幅に短縮することができそうです。

ただし、すべてのブログで再構築速度が大幅に向上するとは限りませんので、その点には注意が必要です。

MT Cloud Starter Kit
Movable Typeのプラグイン集「MT Cloud Starter Kit」をぜひご利用ください