管理画面のページ送りを改良するプラグイン

Movable Typeの管理画面で、ブログ記事の一覧などを表示すると、1ページあたり一定の件数に区切られ、先頭/最後のページへのリンクと、前後のページへのリンクが表示されます。
ただ、移動先のページを直接に指定する機能はありません。

管理画面のURLの最後に「offset=番号」をつければ、指定した番号のブログ記事等から一覧を表示することもできます。
しかし、手作業でこのような番号をつけるのも面倒です。

そこで、ページ選択の部分に、ページを指定するselectをつけるプラグインを作ってみました。
なお、このプラグインはMovable Type 4専用です。

↓ページを指定するselect
ページを指定するselect

1.インストール

このプラグインは、以下のアドレスからダウンロードすることができます。

ModifiedCMSPagination_1_00.zip

プラグインの継続的な開発やサポートのために、プラグインをご利用された方は、ドネーション(寄付)を行っていただけると幸いです。
ドネーションの方法は、こちらのページをご参照ください。

また、このプラグインの他にも、いくつかのプラグインを配布しています。
配布中のプラグインは、Movable Type Plugin Directoryのページをご参照ください。

Movable Typeのプラグイン開発等のドキュメント「Movable Type Developer's Guide Volume 1」も販売しています。
ご自分でプラグインを作ってみたい方に、ぜひお勧めしたい一冊です。
詳細は特設ページをご覧ください。

ファイルを解凍すると、「ModifiedCMSPagination」というフォルダができます。
このフォルダを、Movable Typeの「plugins」ディレクトリにアップロードします。

2.プラグインが有効になる箇所

このプラグインでは、以下の箇所にページ選択のselectを追加します。

  • ブログ記事の一覧
  • ウェブページの一覧
  • コメントの一覧
  • トラックバックの一覧
  • ユーザーの一覧
  • アイテムの一覧
  • タグの一覧

ただし、ブログ記事等の全件数が1ページあたりの件数より少ない場合は、1ページにすべてが収まりますので、selectを表示しないようになっています。

MT Cloud Starter Kit
Movable Typeのプラグイン集「MT Cloud Starter Kit」をぜひご利用ください