ミスリーディング・アプリケーションに注意

ウィルスやスパイウェアの脅威は増大する一方ですが、最近では「ミスリーディング・アプリケーション」というタイプのものが流行しています。
ITMediaエンタープライズによると、ミスリーディン・グアプリケーションの1つである「WinAntiVirus Pro 2007」の日本語版が登場したそうです。

元記事はこちら

ミスリーディング・アプリケーションとは、「あなたのパソコンにはセキュリティ上の問題がある」などの偽の警告メッセージを表示してユーザーを脅し、偽のウィルス対策ソフト等を買わせようとするものです。
「ソフトウェアの押し売り」とも呼ばれます。

以前は、このような不審なソフトはアダルトサイト経由で広がることが多かったです。
ところが、ミスリーディング・アプリケーションは、一般のWebページでもアフィリエイト広告として宣伝され、そこからも被害が広がっています。

元記事によると、WinAntiVirus Pro 2007日本語版は、より本物のウィルス対策ソフトらしく見えるように、「機能強化」が行われているということです。
この手のソフトは、今後もますます巧妙になっていくものと思われます。
セキュリティ関係の警告メッセージが表示されたときには、そのメッセージの内容をよく読み、偽のメッセージでないかどうかを確認することが必要だと言えます。

MT Cloud Starter Kit
Movable Typeのプラグイン集「MT Cloud Starter Kit」をぜひご利用ください