Google Maps導入支援ページ(その3・Movable Typeのエントリーに地図を貼り付ける)

Google Maps導入支援ページで出力されたコードを、Blog等の記事に貼り付けたい方もいらっしゃると思います。
基本的には、以下の条件を満たせば、記事に貼り付けることが可能です。

  • Blog等のテンプレートをカスタマイズして、ヘッダー部分(<head>~</head>)にGoogle Maps用のscriptタグを追加することができる
  • 記事内にJavaScriptを入れたときに、JavaScript内の「<」「>」「'」の文字を実体参照(「&lt;」「&gt;」「&apos;」など)に置換せずにそのまま出力することができる
  • 記事内にJavaScriptを入れたときに、改行がbrタグに置換されないか、または置換されてもその前に「//」を入れることでコメント化できる

Movable Typeは上記の条件を満たしますので、エントリー内にGoogle Mapsのコードを入れることができます。
今日はその方法を紹介します。

1.easy_googlemaps.jsのアップロード

まず、こちらのエントリーの「2.easy_googlemaps.jsのダウンロード」の手順に従って、easy_googlemaps.jsをダウンロードして、サーバーにアップロードしておきます。
アップロード先のディレクトリは、「http://~」でアクセスできるところであれば、どこでもかまいません。

2.テンプレートの書き換え

次に、メインページのテンプレートと、各アーカイブ・テンプレートで、ヘッダー部分(<head>~</head>)に以下のようなタグを入れます。
なお、「API Key」と「アップロード先」の部分(赤字の部分)は、ご自分の環境に合わせて書き換えます。

<script src="http://maps.google.com/maps?file=api&amp;v=2&amp;key=API Key" type="text/javascript" charset="utf-8"></script>
<script type="text/javascript" src="http://アップロード先/easy_googlemaps.js" charset="utf-8"></script>

3.コードのscriptタグの部分をdivタグで囲む

次に、地図を表示したいエントリーに、Google Maps導入支援ページで出力されたコードを貼り付けます。
ただし、単に貼り付けるだけだと、通常の設定では改行がbrタグに変換されてしまいます。
その解決法はいくつかありますが、その1つは「コードのscriptタグの部分をdivタグで囲む」というものです。

Movable Typeでは、エントリーごとに「改行設定」で改行を変換するかどうかを指定することができます。
通常は「改行を変換する」という設定になっていて、改行がbrタグに変換されます。

↓エントリーの改行設定
エントリーの改行設定

ただし、改行を変換するように指定した場合でも、いくつかのHTMLのタグの内部は、改行が変換されないようになっています。
<div>~</div>で囲んだ部分は、改行が変換されないようになっていますので、その仕組みを利用します。

Google Maps導入支援ページで出力されたコードを貼り付ける際に、以下の例のように、scriptタグの前後をdivタグ(赤字の部分)で囲むようにします。
これで、scriptタグの部分がそのまま出力されるようになります。

scriptタグの前後をdivタグで囲む例

<div id="tokyo_tower" style="width: 500px; height:500px; border : 1px solid #979797;"><a href="http://www.tokyotower.co.jp/" target="_self">東京タワー(東京都港区芝公園4丁目2?8)</a>の地図を表示中です。<br />しばらくお待ちください。</div>

<div style="display : none;">
<script type="text/javascript">
//<![CDATA[ 
gMapOnLoad(function() { 
    var map = new EasyGoogleMaps({ id: 'tokyo_tower', lat: 35.658625, lon: 139.745415, zoom: 15, MapType: 1, LargeMapControl: 1, MapTypeControl: 1, OverviewMapControl: 1, Marker: 1, infoWindow: 1, infoHTML: '<a href=\"http://www.tokyotower.co.jp/\" target=\"_self\">東京タワー(東京都港区芝公園4丁目2?8)</a>' }); 
    map.draw(); 
}); 
gMapBeforeUnload(function(){GUnload()}); 
//]]> 
</script>
</div>

4.改良テキストフィルターを使う

拙作の改良テキストフィルタープラグインでは、エントリー内に<noconv>~</noconv>で囲んだ部分を入れることで、その部分の改行を自動変換しないようにすることができます。

このプラグインをインストールし、地図を入れたいエントリーで改行設定を「改良テキストフィルター」に設定します。
そして、Google Maps導入支援ページで出力されたコードを貼り付ける際に、以下の例のように、scriptタグの前後を<noconv>~</noconv>(赤字の部分)で囲むようにします。

scriptタグの前後を<noconv>~</noconv>で囲む例

<div id="tokyo_tower" style="width: 500px; height:500px; border : 1px solid #979797;"><a href="http://www.tokyotower.co.jp/" target="_self">東京タワー(東京都港区芝公園4丁目2?8)</a>の地図を表示中です。<br />しばらくお待ちください。</div>

<noconv>
<script type="text/javascript">
//<![CDATA[ 
gMapOnLoad(function() { 
    var map = new EasyGoogleMaps({ id: 'tokyo_tower', lat: 35.658625, lon: 139.745415, zoom: 15, MapType: 1, LargeMapControl: 1, MapTypeControl: 1, OverviewMapControl: 1, Marker: 1, infoWindow: 1, infoHTML: '<a href=\"http://www.tokyotower.co.jp/\" target=\"_self\">東京タワー(東京都港区芝公園4丁目2?8)</a>' }); 
    map.draw(); 
}); 
gMapBeforeUnload(function(){GUnload()}); 
//]]> 
</script>
</noconv>

5.改行を変換しない

エントリーの改行設定で「なし」を選んで、改行を一切変換せずに、エントリーに入力したとおりに出力することもできます。
この機能を使う場合は、Google Maps導入支援ページで出力されたコードを、エントリーにそのまま貼り付けることができます。

MT Cloud Starter Kit
Movable Typeのプラグイン集「MT Cloud Starter Kit」をぜひご利用ください