「改行を変換する」を改良するプラグイン

Movable Typeでは、エントリーの本文/追記の中の改行を自動的に変換する機能があります。変換は以下のように行われます。

  • 1.本文/追記の文章を空行ごとに区切る
  • 2.区切ったそれぞれの部分に、ブロック要素(divやtableなど)が含まれる場合は、その部分をそのまま出力する
  • 3.2.以外の部分では、改行をbrタグに置換し、また部分の前後をpタグで囲む

普通に文章を入力するだけなら、これでほぼ問題ありません。
しかし、以下のようなときに問題があります。

  • blockquote要素では、内部の改行が自動変換されないので、手動でbrタグを入れる必要がある
  • 要素の中に空行があるとそこで区切られてしまい、思わぬ変換をされてしまう

そこで、より便利な改行変換を行うプラグインを作りました。

1.プラグインのダウンロードとインストール

プラグインは以下からダウンロードすることができます。

プラグインのダウンロード

プラグインの継続的な開発やサポートのために、プラグインをご利用された方は、ドネーション(寄付)を行っていただけると幸いです。
ドネーションの方法は、こちらのページをご参照ください。

また、このプラグインの他にも、いくつかのプラグインを配布しています。
配布中のプラグインは、Movable Type Plugin Directoryのページをご参照ください。

Movable Typeのプラグイン開発等のドキュメント「Movable Type Developer's Guide Volume 1」も販売しています。
ご自分でプラグインを作ってみたい方に、ぜひお勧めしたい一冊です。
詳細は特設ページをご覧ください。

リンクをクリックしてファイルをダウンロードし、「ModTextFilter.pl」という名前をつけて保存してください。
そして、そのファイルをMovable Typeの「plugins」ディレクトリにアップロードしてください。

2.プラグインのフィルターを使う

このプラグインをインストールすると、エントリーの編集画面の「テキストフォーマット」の欄に「改良テキストフィルター」という選択肢が追加されます。

改良型テキストフィルター

それを選んでエントリーを保存すると、このプラグインを使って、エントリーの本文と追記を変換するようになります。

3.フィルターの動作

このフィルターは、以下のように動作します。

(a)HTMLエンティティへの変換
文章の中に<enchtml>~</enchtml>で囲まれる部分がある場合は、その部分をHTMLエンコードします(「<」を「&lt;」に変換するなど)。
また、「<enchtml>」と「</enchtml>」自体はHTMLファイルには出力されません。
エントリーでHTMLのソースを公開したいときに、この機能を使うと便利です。

(b)改行をそのまま残す要素
以下の要素では、内部の改行はそのまま出力されるようになります。

pre textarea table ol dl ul menu dir

なお、要素の中に空行があっても、そこでは要素は分割されません。

(c)改行をbrタグに変換する要素
以下の要素では、内部の改行はbrタグに変換されます

blockquote div p h1 h2 h3 h4 h5 h6 form address

ただし、開始タグ直後の改行と、終了タグ直前の改行は、brタグに変換せず、そのまま出力します。
なお、要素の中に空行があっても、そこでは要素は分割されません。

(d)その他の部分
上記以外の部分は、空行ごとに分割され、内部の改行はbrタグに変換されます。
そして、部分の前後はpタグで囲まれます。

(e)要素の入れ子
(b)および(c)は、要素が入れ子になっているときは正しく動作しません。

例えば、div要素の中にpre要素を入れると、pre要素の部分でも改行がbrタグに置換されます。
また、div要素を入れ子にした場合、外側の<div>タグから内側の</div>タグまでが処理の対象になり、正しい変換になりません。

このような場合は、「<noconv>~</noconv>」および「<convbr>~</convbr>」という書き方を使って、改行の変換方法を部分的に明示することができます。
「<noconv>」と「</noconv>」で囲んだ部分は、改行がそのまま出力されます。また、「<noconv>」と「</noconv>」自体はHTMLファイルには出力されません。
一方、「<convbr>」と「</convbr>」で囲んだ部分は、改行がそのまま出力されます(ただし、<convbr>の直後と</convbr>の直前の改行は除く)。
また、「<noconv>」と「</noconv>」自体はHTMLファイルには出力されません。

例えば、エントリーに以下のように入力したとします。

<noconv>
<div>

<div class="float_left">
</noconv>
<convbr>
left1
left2
</convbr>
<noconv>
</div>

<div id="float_right">
</noconv>
<convbr>
right1
right2
</convbr>
<noconv>
</div>

<div style="clear : both;"></div>

</div>
</noconv>

これは以下のように変換されます。

<div>

<div class="float_left">
left1<br />
left2
</div>

<div id="float_right">
right1<br />
right2
</div>

<div style="clear : both;"></div>

</div>

4.MT3.2/3.3への対応

このプラグインは、Movable Type 3.17/3.2/3.3で動作を確認しています。

MT Cloud Starter Kit
Movable Typeのプラグイン集「MT Cloud Starter Kit」をぜひご利用ください