3Dプリンタで「長時間マスクをしても耳が痛くならないグッズ」を作ってみた

新型コロナウィルスが問題になっていて、日本でも感染が拡大することが危惧されています。
このような中で、しばらくはマスクをする機会が増えると思われます。すでにマスクは品薄になっているようです。

しかし、マスクを長時間耳につけていると、耳が痛くなって困ります。
そこで、3Dプリンタで「長時間マスクをしても耳が痛くならないグッズ」を作ってみました。


頭の後ろでマスクを止めることができ、耳が痛くなりません。
三次元CADソフトのFusion360でのデータ作成手順や、3Dプリンタでの実際の出力の様子も動画に収めました。

なお、3Dデータは以下のアドレスからダウンロードすることができます。
3Dプリンタをお持ちの方は、このデータを利用して実際に出力することができます。

https://modelabo.net/6404/