ESP32-WROVER-B開発ボードの「ESP32-DevKitC-VB」

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

ESP32-WROVER-B開発ボードの「ESP32-DevKitC-VB」という製品を見つけたので、試してみました。

ESP32-DevKitC-VB

ESP32-WROVERシリーズは、中国・上海のEspressif Systemsが開発している製品で、WiFi機能を持ったマイコンです。
ESP32とPSRAMをパッケージにしたもので、RAMが多いので活用の幅が広がります。

ESP32-WROVERは、内蔵しているSoCと、アンテナの形状によって、以下の4つのタイプがあります。

名前Socアンテナ
ESP32-WROVERESP32-D0WDQ6PCB
ESP32-WROVER-IESP32-D0WDQ6IPEX
ESP32-WROVER-BESP32-D0WDPCB
ESP32-WROVER-IBESP32-D0WDIPEX

ESP32-WROVERを搭載した開発ボードは、Amazonなどで売っています。
ただ、ESP32-WROVERではチップ上にTelecの刻印がないので、技適が大丈夫なのかという不安があります(Espressifのサイトによれば、技適は通っているようですが)。

一方、ESP32-WROVER-Bは、チップ上にTelecの刻印があるので、日本でも安心して使うことができます。
しかし、これまでは開発キットのようなものが売られていなかったので、自力で基板を作るなどする必要がありました。

先日、電子部品関係商社のMouserのサイトを見ていた時に、ESP32-DevKitC-VBをみつけました。
早速注文して、入手することができました。

PSRAMを使えるかどうか確認するために、Arduino IDEで以下のプログラムを書き込んでみました。
「ツール」→「ボード」のメニューで、ボードとして「ESP32 Dev Module」を選びました。
また、「ツール」→「PSRAM」のメニューで「Enabled」を選んでおく必要がありました。

#include "Esp.h"
#include "esp32-hal.h"

int *p;

void setup() {
  Serial.begin(115200);
  p = (int*) ps_malloc(500000);
  if (p == NULL) {
    Serial.println("NULL");
  }
  else {
    p[0] = 12345;
    p[499999] = 23456;
    Serial.print("p[0] = ");
    Serial.println(p[0]);
    Serial.print("p[499999] = ");
    Serial.println(p[499999]);
    Serial.print("psramsize = ");
    multi_heap_info_t info;
    heap_caps_get_info(&info, MALLOC_CAP_SPIRAM);
    Serial.println(info.total_free_bytes + info.total_allocated_bytes);
  }
}

void loop() {
}

シリアルモニタには以下のように出力され、PSRAMの読み書きを確認することができました。

p[0] = 12345
p[499999] = 23456
psramsize = 4194236

MT Cloud Starter Kit
Movable Typeのプラグイン集「MT Cloud Starter Kit」をぜひご利用ください