ObjectTree&ObjectRelationプラグインβ1(その6・テンプレートタグの詳細・後半)

昨日に続き、ObjectTreeプラグインおよびObjectRelationプラグインで追加されるテンプレートタグを解説します。

1.オブジェクトの種類の出力と判断

ツリー内の各オブジェクトの種類は、MTObjectTreeClassタグで出力することができます。
MTObjectTreeClassタグの出力値は、オブジェクトの種類に応じて以下のようになります。

オブジェクトの種類出力する値
記事entry
ウェブページpage
カテゴリcategory
フォルダfolder
ウェブサイトwebsite
ブログblog
画像image
ビデオvideo
オーディオaudio
ファイルfile
タグtag
インデックステンプレートtemplate
フリーテキストfjot_free_text

また、オブジェクトの種類によって出力を分けたい場合、MTObjectTreeIfClassというブロックタグでオブジェクトの種類を判断することができます。
classモディファイアで、オブジェクトの種類を指定します。種類に指定する文字列は、MTObjectTreeClassタグの出力値と同じです。

例えば、記事を出力するときだけ何か処理をしたい場合は、以下のようにタグを組みます。

<mt:ObjectTreeIfClass class="entry">
  記事を出力する際の処理
</mt:ObjectTreeIfClass>

MTObjectTreeIfClassタグのブロックの中では、オブジェクトの種類に応じたテンプレートタグを使うことができます。
例えば、記事を出力する場合だと、MTEntry系のテンプレートタグを使うことができます。

2.その他のテンプレートタグ

以下のようなテンプレートタグもあります。

2-1.MTObjectTreeNameタグ

MTObjectTreeタグで出力中のツリーの名前を出力するファンクションタグです。
MTObjectTreeタグのブロックの中で使うことができます。

2-2.MTObjectTreeDescriptionタグ

MTObjectTreeタグで出力中のツリーの概要を出力するファンクションタグです。
MTObjectTreeタグのブロックの中で使うことができます。

2-3.MTObjectTreeTotalCountタグ

ツリーに含まれるオブジェクトの数を出力するファンクションタグです。
ただし、未公開の記事など、出力されないオブジェクトは数に含みません。
MTObjectTreeタグ/MTXXXObjectTreeタグのブロックの中で使うことができます。

2-4.MTObjectTreeCountタグ

出力中のオブジェクトと同じ親を持つオブジェクトの数を出力するファンクションタグです。
MTObjectNodesタグのブロックの中で使うことができます。

2-5.ObjectTreeIfBlogChildrenタグ

出力中のオブジェクトが、ブログ(またはウェブサイト)の子であるかどうかを判断するブロックタグです。
記事/ウェブページ/カテゴリ/フォルダ/タグ/テンプレート/アイテム系のオブジェクトを出力している際に、ブロックの内部が実行されます。
一方、ウェブサイト/ブログ/フリーテキストを出力している際には、ブロックの内部は実行されません。

MT Cloud Starter Kit
Movable Typeのプラグイン集「MT Cloud Starter Kit」をぜひご利用ください