Data APIで記事作成時にカテゴリを指定する

MTQに、「Data APIで記事を作成する際にカテゴリを割り当てたい」という質問がありました。
この質問に答えます。

1.考え方

Data APIで記事にカテゴリを割り当てる機能は、Data APIのバージョン2で実装されました。
記事を表すオブジェクトに「categories」という要素を入れることで、カテゴリを割り当てることができます。

categories要素は配列にします。
配列の個々の要素として、キー名が「id」、値がカテゴリのIDというオブジェクトを指定します。
配列の先頭の要素で指定したカテゴリが主カテゴリになり、その他のカテゴリが副カテゴリになります。

2.例

JavaScriptライブラリで、記事作成の際にカテゴリを割り当てるとします。
また、IDが1番のカテゴリを主カテゴリにし、2番のカテゴリを副カテゴリにしたいとします。
変数apiにData APIのオブジェクトを割り当てている場合だと、以下のようなコードになります。

var entryData = {
  'title': タイトル,
  'body': 本文,
  'categories': [
    { 'id' : 1 },
    { 'id' : 2 }
  ]
};
api.createEntry(サイトID, entryData, function(response) {
  ・・・
});

MT Cloud Starter Kit
Movable Typeのプラグイン集「MT Cloud Starter Kit」をぜひご利用ください