Officeの日本向け新ライセンスが登場

MicrosoftのOfficeは、オフィス統合ソフトとして圧倒的に使われています。
このOfficeの日本向けの新しいライセンス体系として、「Office Premium プラス Office 365 サービス」と「Office 365 Solo」が登場しました。

マイクロソフトのニュースリリース

世界的にはサブスクリプション制のOffice 365に移行していますが、日本ではOfficeはパソコンにプリインストールされるのが一般的で、独自の状況になっています。
今回の2つのライセンスは、日本市場に合わせて、従来のライセンスとOffice 365の折衷的な内容になっています。

Office Premium プラス Office 365 サービス

Office Premium プラス Office 365 サービス(以後「Office Premium」と略)は、プリインストールパソコン用のライセンスです。
以下の3つのエディションが用意されます。

エディション利用できるソフト
Office Personal PremiumWord/Excel/Outlook
Office Home & Business PremiumWord/Excel/PowerPoint/Outlook/OneNote
Office Professional PremiumWord/Excel/PowerPoint/Access/Publisher/Outlook/OneNote

Office Premiumプリインストールのパソコンを使い続ける限り、常にOfficeの最新版を使うことができます。
バージョンアップが行われた場合も、無償でバージョンアップすることができます。

また、Office 365のサービスが1年間付属します。
以下のサービスを利用することができます。

  • オンラインストレージ(OneDrive) 1TB
  • iPhone/iPad/AndroidでのOfficeの利用
  • Skypeの1月あたり60分間無料通話
  • 無償サポート

Office 365のサービスは2年目以降は有料になります(年額5,800円、消費税別)

Office 365 Solo

Office 365 Soloは単体で購入できるライセンスです。
Officeがプリインストールされていないパソコンに適しています。

契約期間は1年間で、その間はOfficeの各ソフト(Office Professional Premiumと同じ)の最新版を使うことができます。
契約期間中にバージョンアップがあった場合も、追加料金はかかりません。
1ライセンスで2台のパソコンにインストールすることができます。
さらに、Office Premiumと同じく、Office 365のサービスも付属します。

ライセンス料は年間で11,800円(参考価格、消費税別)です。
Officeと1TBのオンラインストレージが使えてこのお値段なので、Dropbox(年間12,000円で1TB)と比較して良さそうです。

MT Cloud Starter Kit
Movable Typeのプラグイン集「MT Cloud Starter Kit」をぜひご利用ください