イベントカレンダープラグイン(その2・インストールと初期設定)

イベントカレンダープラグインの第2回として、インストールと初期設定の手順を解説します。

2014年3月29日 13時30分
カスタムフィールドの作成先を、ブログ(ウェブサイト)からシステムレベルに修正しました。

1.インストール

プラグインは以下からダウンロードします。

EventCalendar_1_00.zip

ダウンロードしたファイルを解凍すると、「plugins」と「mt-static」のフォルダができます。
これらのフォルダを、Movable Typeのインストール先ディレクトリにアップロードします。

2.イベント管理用ブログ(ウェブサイト)の作成

個々のイベントは、ブログ(またはウェブサイト)の記事として管理します。
そこで、イベント管理用に、ブログ(ウェブサイト)を1つ作成します。

3.開始日時/終了日時のカスタムフィールドの作成

次に、今作成したブログ(ウェブサイト)に、イベントの開始日時と終了日時を入力するために、システムレベルで以下の2つのカスタムフィールドを作成します。

システムオブジェクト記事
名前イベント開始日時
種類日付と時刻
オプション日付と時刻
必須チェックをオン(※)
ベースネームevent_start_date
システムオブジェクト記事
名前イベント終了日時
種類日付と時刻
オプション日付と時刻
必須チェックをオン(※)
ベースネームevent_end_date

なお、イベントカレンダーのブログでは、イベントの情報のみ入力することが多いと思います。
そのため、通常は「必須」のチェックをオンにしておいて、開始日時/終了日時の入力漏れを防ぎます。
ただ、入力必須にしなくてもプラグインは動作します。

また、テンプレートタグ名は自由に決めていただいて構いません。

3.記事の入力

ブログ(ウェブサイト)とカスタムフィールドを作り終わったら、個々のイベントの情報を記事として入力していきます。
イベントの開始日時と終了日時は、手順2.で作成したカスタムフィールドに入力します。

MT Cloud Starter Kit
Movable Typeのプラグイン集「MT Cloud Starter Kit」をぜひご利用ください