MTOSインストール済みVagrant環境の使い方(その2)

MTOSインストール済みVagrant環境にSFTPで接続して、プラグインをインストールすることもできます。
その方法を解説します。

1.FileZillaのインストール

SFTPで接続できるクライアントソフトはいくつかありますが、ここでは「FileZilla」を使うことにします。
FileZillaはこちらからダウンロードします。

Windowsでは、エクスプローラ等でダウンロードしたファイルをダブルクリックすると、インストールすることができます。

また、Macではダウンロードしたファイルを解凍し、出力された「FileZilla」のファイルをアプリケーションフォルダにコピーします。
はじめて起動する際には、Controlキーを押しながらFileZillaのアイコンをクリックし、メニューの「開く」を選びます。

2.接続情報の表示

次に、Vagrant環境に接続するための情報を表示します。
作業フォルダに入って、「vagrant ssh-config」のコマンドを実行すると、情報が表示されます。

Windowsでは、コマンドプロンプトで以下のコマンドを入力します。

ドライブ名:
cd 作業フォルダ名
vagrant ssh-config

また、Macではターミナルで以下のコマンドを入力します。

cd 作業フォルダ名
vagrant ssh-config

表示された情報の中で、FileZillaで接続する際には、「HostName」「User」「Port」「IdentityFile」の4つの情報を使います。

3.鍵の設定

次に、FileZillaに鍵の情報を設定します。
手順は以下の通りです。

  • 1.Windowsでは、「編集」→「設定」メニューを選びます。また、Macでは「FileZilla」→「Preferences」メニューを選びます。
  • 2.「設定」のダイアログボックスが開きます。
  • 3.左端のツリーで「SFTP」を選びます。
  • 4.「鍵ファイルを追加」ボタンをクリックします。
  • 5.ファイル選択画面が開きますので、ssh-configのIdentifyFileのファイル名を指定します。ただし、Windowsではファイル名に含まれる「/」を「\」に置き換えます。
  • 6.「FileZillaは・・・の形式に対応していません」のメッセージが表示されますので、「はい」ボタンをクリックします。
  • 7.変換後の鍵のファイルを保存する状態になりますので、ファイル名を付けて保存します。
  • 8.「設定」のダイアログボックスに戻りますので、「OK」ボタンをクリックします。

4.接続先の設定

次に、以下の手順で接続先の設定を行います。

  • 1.「ファイル」→「サイトマネージャ」メニューを選び、「サイトマネージャ」のダイアログボックスを開きます。
  • 2.「新しいサイト」のボタンをクリックします。
  • 3.「エントリを選択」の部分に「新規サイト」が追加されますので、名前を「Vagrant」に変更します。
  • 4.「ホスト」の欄に、ssh-configの「HostName」の値を指定します。
  • 5.「ポート」の欄に、ssh-configの「Port」の値を指定します。
  • 6.「プロトコル」の欄で「SFTP - SSH File Transfer Protocol」を選びます。
  • 7.「ログインの種類」で「通常」を選びます。
  • 8.「ユーザ」の欄に、ssh-configの「User」の値を追加します。
  • 9.「パスワード」の欄を空欄にします。
  • 10.「詳細」のタブに切り替えます。
  • 11.「既定のリモートディレクトリ」の欄に「/var/www/html/mt」と入力します。
  • 12.「OK」ボタンをクリックします。

SFTP接続の設定(「一般」タブ)

SFTP接続の設定(「詳細」タブ)

5.SFTPで接続

「ファイル」→「サイトマネージャ」を選び、サイトマネージャを開きます。
そして、「エントリを選択」の部分で「Vagrant」を選び、「接続」ボタンをクリックします。

初めて接続する際には、「不明なホスト鍵」というダイアログボックスが開きます。
「常にこのホストを信頼し、この鍵をキャッシュに追加」のチェックをオンにして、「OK」ボタンをクリックします。

ホスト鍵を追加

これ以後は、一般的なFTPソフトと同様の手順で、ファイルをアップロードすることができます。

MT Cloud Starter Kit
Movable Typeのプラグイン集「MT Cloud Starter Kit」をぜひご利用ください