AnotherCustomFieldsプラグイン不具合修正

AnotherCustomFieldsプラグインに不具合が見つかりましたので、修正したバージョンを公開します。

1.修正箇所

以下の2か所を修正しました。

1-1.Movable Typeのホストとブログ/ウェブサイトのホストが異なるときの不具合

Movable Typeの管理画面のホストと、ブログ/ウェブサイトのホストが異なるときに、カテゴリ/フォルダ/ブログ/ウェブサイトの設定画面で、アイテム系のカスタムフィールドが正しく動作しない不具合がありました。

1-2.数値型フィールドでのnull値の保存

以前のMovable Typeでは、数値型(int/float)のフィールドで、0とnullを区別してデータベースに保存することができませんでした。
そのため、当プラグインでは、数値型のフィールドを空欄にしてブログ記事等を保存したときには、強制的に値を0にして保存していました。

しかし、Movable Type 5.14以降では、0とnullを区別して保存することができるようになりました。
そこで、数値型のフィールドを空欄にしてブログ記事等を保存したときに、値をnullにしてデータベースに保存する機能を追加しました。
この機能を使いたい場合は、config.yamlの対象のフィールドで、「acf:」の下の階層に、「save_null: 1」の行を追加します。

たとえば、ブログ記事に整数型の「intdata」というフィールドを追加する場合だと、config.yaml(のフィールド定義部分)に以下のように書きます。

object_types:
  entry:
    intdata:
      type: integer
      revisioned: 1
      acf:
        type: text
        label: 数値
        tag: EntryIntData
        save_null: 1

2.プラグインのインストール

不具合修正版のプラグインは、以下からダウンロードします。

AnotherCustomFields_1_23.zip

ダウンロードしたファイルを解凍すると、「plugins」と「mt-static」のフォルダができます。
これらのフォルダを、Movable Typeのインストール先ディレクトリにアップロードします。

MT Cloud Starter Kit
Movable Typeのプラグイン集「MT Cloud Starter Kit」をぜひご利用ください