Kindleついに日本上陸

Amazonの電子書籍端末の「Kindle」と、電子書籍書店の「Kindleストア」が、ついに日本に上陸しました。

Kindleが日本に上陸するという話は、前々から何度も出ていました。
しかし、出版社との交渉が難航して、なかなか上陸しませんでした。
長い時間がかかりましたが、ようやく日本でもKindleが始まります。

電子書籍を販売するKindleストアは、本日(2012年10月25日)からスタートしました。
Amazonの他のジャンルの商品と同じように電子書籍を購入することができ、Amazonでよく買い物をしている人なら、違和感なくなじめることでしょう。
書籍の点数は十分とは言えませんが、今後徐々に増えていくと思われます。

また、電子書籍端末として、液晶ディスプレイの「Kindle Fire」「Kindle Fire HD」と、電子インクの「Kindle Paperwhite」が投入されます。
Kindle Paperwhite(3G回線なし)は8,480円、Kindle Fire HDの32GBモデルで19,800円と、値段は安く抑えられています。
Kindle Fireはタブレットなので、電子書籍だけでなく音楽やゲームも楽しむこともでき、タブレットの入門用としても良さそうです。
AppleのiPad miniや、GoogleのNexus 7と、激しいシェア争いを演じることになるでしょう。

販売開始は、Kindle Paperwhiteが2012年11月19日、Kindle FireおよびKindle Fire HDが2012年12月19日です。
ただ、Kindle Paperwhiteは供給が十分でないのか、この記事を書いた時点で、到着予定は3Gなしモデルが12月2日の週、3Gありモデルが12月23日の週となっています。

なお、アメリカで販売されている8.9インチ1920×1200ピクセルIPS液晶のKindle Fire HDは、残念ながら日本では発売されませんでした。
日本でも速く発売してほしいものです。

何年も前から、電子書籍が話題になることが何度もありました。
しかし、これまでの日本では、電子書籍はなかなか浸透しませんでした。
Kindleの上陸で、日本でも電子書籍の普及が進むのかどうか、注目したいところです。

MT Cloud Starter Kit
Movable Typeのプラグイン集「MT Cloud Starter Kit」をぜひご利用ください