ブログに記事を書いたことをFacebookに投稿するプラグイン(その1)

Movable Typeでブログに記事を書いたときに、その記事の要約等の情報をFacebookの自分のウォールに自動的に投稿するプラグインを作りました。
その使い方のうち、今日はFacebookにアプリケーションを登録するまでの手順を解説します。

1.登録を始める

まず、Facebookにログインした状態で、Facebookの開発者のページに接続します。
初めて接続する時には、「開発者」アプリケーションを許可することを求められますので、「許可する」のボタンをクリックします。
開発者ページに接続すると、右上に「Set Up New App」のボタンがありますので、それをクリックします。

「Set Up New App」ボタンをクリックする

また、アプリを初めて登録する際には、アカウントの確認の作業が必要です。
画面の指示に従って、携帯電話かクレジットカードの情報を登録します。

2.アプリケーションを作成する

「Set Up New App」ボタンをクリックすると、アプリケーションを作成する状態になります。

自分でアプリケーションの名前を決めて、「アプリケーション名」に入力します。
ただし、「face」や「fb」など、一部使えない単語がありますので、それ以外の単語で名前を付けます。
そして、「同意する」のラジオボタンをオンにして、「アプリケーションの作成」のボタンをクリックします。

アプリケーションの名前を決める

次に、「セキュリティチェック」というページが開きます。
「上に表示されている文字」の欄に、その文字を入力して、「送信」ボタンをクリックします。

セキュリティチェック

3.「Web Site」の設定を行う

アプリケーションの作成が終わると、アプリケーションの設定を行うページが表示されます。
ここで、ページ左端の設定一覧の中で「Web Site」をクリックし、以下のようにWeb Site関係の設定を行います。

設定項目設定値
Site URLMovable Typeのインストール先サイトのアドレスを入力します
Site DomainMovable Typeのインストール先サイトのドメイン名を入力します

例えば、Movable Typeのインストール先が、「http://www.sample.com/mt/」であるとします。
この場合、以下のように設定します。

設定項目設定値
Site URLhttp://www.sample.com/
Site Domainwww.sample.com

Site URLとSite Domainを設定する

また、「Web Site」のページに表示されている「アプリケーションID」の値は、後でプラグインを設定する際に使います。
アプリケーションIDの値をコピーしておいてください。

MT Cloud Starter Kit
Movable Typeのプラグイン集「MT Cloud Starter Kit」をぜひご利用ください