SONYが電子書籍端末の「Reader」を発売

今年は電子書籍関連の製品やサービスがいろいろ出ましたが、SONYもアメリカでは「Reader」という端末を販売しています。
そのReaderを、日本にも投入することが発表されました。
12月10日に発売されます。

SONYのニュースリリース

Readerは、アメリカではAmazonのKindleに次ぐシェアを持っている製品です。
5型の「Reader Pocket Edition」と6型の「Reader Touch Edition」の2種類が販売されます。
ソニーストアでは、Pocketが19,800円、Touchが24,800円で販売される予定です。

Touch/Pocketとも、XMDF/PDF/EPUB/テキストの各形式のファイルに対応しています。
また、XMDFは著作権保護つきのものにも対応します。
さらに、Touchには音楽再生機能もついています。

タブレット型の端末は、iPadやAndroid機など、製品の幅が増えてきました。
ただ、いずれも液晶ディスプレイの端末で、本を長時間読むのにはあまり向いていません。
一方、Readerは電子インクのディスプレイなので、電子書籍を多く読みたい方には良いと思います。
また、重さも軽く(Touchで215グラム、Pocketだと155グラム)、持ち歩くのにも良いでしょう。

ハードだけでなく、コンテンツを販売する「Reader Store」も提供されます。
Reader本体と同日(12月10日)にスタートし、2万点以上の書籍が販売されるとのことです。

個人的にも、非常に興味がある製品です。
予約して買おうを思います。
ちなみに、事前に「購入宣言」を行うと、ソニーポイントを1,500ポイントもらえるそうです。

MT Cloud Starter Kit
Movable Typeのプラグイン集「MT Cloud Starter Kit」をぜひご利用ください