リアルタイム再構築プラグインとAjaxの利用

拙作のリアルタイム再構築プラグインと、「Movable Type備忘録」様で配布されているFeedExプラグインを使って、フィードを表示したいというご質問をいただきました。
その方法を解説します。

1.概要

リアルタイム再構築プラグインでは、プラグインのCGIにアクセスがあった時点で、テンプレートをリアルタイムに再構築することができます。
この仕組みをAjaxと組み合わせることで、外部サイトから情報を得てページに出力することができます。

今回はFeedExプラグインを例にとりますが、ActionStreams等の外部の情報を出力するプラグインと組み合わせれば、さまざまな情報をリアルタイムに表示することができます。

2.テンプレートモジュールの作成

まず、リアルタイムに再構築したい内容を、テンプレートモジュールとして作成します。
今取り上げている例だと、テンプレートモジュールに「フィード表示モジュール」等の名前を付けて、テンプレートモジュールの内容を以下のようにすれば良いでしょう。

<MTFeedEx uri="フィードのアドレス">
<ul class="widget-list">
    <MTFeedExEntries lastn="10">
    <li class="widget-list-item"><a href="<$MTFeedExEntryLink encode_html="1"$>"><$MTFeedExEntryTitle$></a>(<$mt:FeedExEntryDate$>)</li>
    </MTFeedExEntries>
</ul>
</MTFeedEx>

3.リアルタイム再構築の許可

次に、2.で作ったテンプレートモジュールを、リアルタイム再構築できるように設定します。
ブログの管理画面で「ツール」→「プラグイン」メニューを選んでプラグイン一覧を表示し、その中の「RealtimeRebuild」の設定のタブを開きます。
そして、「再構築を許可するテンプレート」の部分で、2.で作ったテンプレートモジュールにチェックを入れます。

リアルタイム再構築を許可する

4.リアルタイム再構築プラグインを呼び出す

次に、テンプレート内でリアルタイム再構築の結果を表示したい位置に、プラグインをAjaxで呼び出す処理を入れます。

Movable Type 4.25以降では、jQueryが同梱されるようになりました。
そこで、そのjQueryを使ってAjaxの処理を行うようにすると簡単です。

リアルタイム再構築の結果を表示したい位置には、以下のようなタグを入れます。
「要素のID」は、自分で適当に名前を決めます。

<div id="要素のID"></div>
<script type="text/javascript" src="<$mt:StaticWebPath$>jquery/jquery.js"></script>
<script type="text/javascript">
$('#要素のID').load('<$MTRealtimeRebuildLink tmpl_name="リアルタイム再構築するテンプレートモジュールの名前" ajax="1"$>');
</script>

例えば、前述の「フィード表示モジュール」をリアルタイム再構築して、その結果をIDが「feedex」のdiv要素に出力とします。
この場合だと、テンプレート内に以下のタグを入れます。

<div id="feedex"></div>
<script type="text/javascript" src="<$mt:StaticWebPath$>jquery/jquery.js"></script>
<script type="text/javascript">
$('#feedex').load('<$MTRealtimeRebuildLink tmpl_name="フィード表示モジュール" ajax="1"$>');
</script>

なお、テンプレート内の他の位置でjQueryをすでに読み込んでいるなら、上記のjquery.jsを読み込む行は不要です。

MT Cloud Starter Kit
Movable Typeのプラグイン集「MT Cloud Starter Kit」をぜひご利用ください