Movable Type 5をPerl 5.12.0で動かしてみた

去る4月12日に、Perl 5.12.0の安定版がリリースされました。
2007年12月のPerl 5.10.0リリース以来、2年4か月ぶりのバージョンアップです。

Movable TypeはPerlで動いていますので、Perl 5.12.0で動作するかどうかが気になります。
そこで、Perl 5.12.0でMovable Typeが動くかどうかを試してみました。

いくつかの機能をテストした限りでは、問題は発生しませんでした。
以下のような機能を試してみました。

  • インストール
  • ログイン
  • ユーザーダッシュボード
  • ウェブサイトのダッシュボード
  • ブログのダッシュボード
  • システムのダッシュボード
  • システム情報
  • ブログ記事の一覧
  • ブログ記事の作成と保存
  • カテゴリの管理(一覧表示と新規作成)
  • テンプレートの編集
  • ブログの再構築
  • ブログの設定
  • システム情報
  • カテゴリの並べ替えプラグイン

システム情報のページで、Perlのバージョンが5.12.0になっていることも確認しました。

Movable Type 5をPerl 5.12.0で動作させた時のシステム情報

すべての機能を試してみないと、Perl 5.12.0で動くとは言い切れません。
ただ、Perl 5.10.xからPerl 5.12.0のバージョンアップでは、変更点はさほど多くはありません。
そのため、仮にPerl 5.12.0で動かない部分が出るとしても、Movable Typeを大きく修正することにはならないのではないかと思われます。

MT Cloud Starter Kit
Movable Typeのプラグイン集「MT Cloud Starter Kit」をぜひご利用ください