システムレベルのカスタムフィールドをテーマで扱うプラグイン

Movable Type 5のテーマ機能では、カスタムフィールドの設定をテーマに含めることができます。
ただ、システムレベルのカスタムフィールドの情報は、テーマに含めることができません。
そのため、ウェブサイト/ブログ/ユーザーにカスタムフィールドを追加すると、それらをテーマに入れられないという問題があります。

そこで、システムレベルのカスタムフィールドを、テーマでインポート/エクスポートできるようにするプラグインを作りました。

1.インストール

以下のリンクをクリックすると、プラグインのファイルをダウンロードすることができます。

SysCFImExporter_1_00.zip

ダウンロードしたファイルを解凍すると、「plugins」というフォルダができます。
このフォルダを、Movable Typeのインストール先ディレクトリにアップロードします。

2.システムレベルのカスタムフィールドのエクスポート

システムレベルのカスタムフィールドがある状態で、「ツール」→「テーマのエクスポート」メニューを選ぶと、エクスポートのページに「システムのカスタムフィールド」のチェックボックスが表示されます。
そのチェックボックスをオンにしてテーマをエクスポートすると、システムレベルのカスタムフィールドをエクスポートすることができます。

「システムのカスタムフィールド」のチェックをオンにする

また、上記のチェックボックスの右に、「詳細」のリンクが表示されます。
そのリンクをクリックして、エクスポートするカスタムフィールドを選ぶこともできます。

エクスポートするカスタムフィールドを選ぶ

3.システムレベルのカスタムフィールドのインポート

上記の手順でシステムレベルのカスタムフィールドをエクスポートし、そのテーマを他のMovable Typeにインストールして適用すれば、テンプレート等とともに、システムのカスタムフィールドも適用することができます。

4.同じテーマを複数回適用しようとした場合の問題

システムレベルのカスタムフィールドは、ブログ/ウェブサイトのカスタムフィールドとは異なり、システム全体で1回しか適用することができません。
1つのテーマの中にテンプレート等とシステムレベルのカスタムフィールドを混在させた場合、1つのMovable Typeの中でそのテーマを一度適用すると、二度目以降の適用の際には、適用ボタンの左に「警告1」のリンクが表示されます。
このリンクをクリックすると「テーマの一部はウェブサイトに適用できません。1要素はスキップされます。」というメッセージが表示されます。

同じテーマを2回以上適用しようとした時の警告メッセージ

この状態でも、テーマを適用することはできます。
ただし、適用済みのシステムのカスタムフィールドは変更されず、テーマ適用前の元の設定がそのまま残ります。

1つのテーマの中に、テンプレート等とシステムのカスタムフィールドを混在させてエクスポートし、そのテーマを配布する場合は、上記の点を注意事項として、ユーザーに周知することが必要です。
また、「システムのカスタムフィールドの情報だけを含むテーマ」と「それ以外の部分のテーマ」の2つのテーマに分けて、それぞれを別々に適用してもらうようにするというのも、1つの方法としえ考えられます。

5.テンプレートタグ/ベースネームの名前の付け方に注意する

システムレベルのカスタムフィールドの情報をテーマに入れる場合、カスタムフィールドのテンプレートタグとベースネームが、他のシステムレベルのカスタムフィールドとバッティングしないように、テンプレートタグ/ベースネームの名前の付け方に注意する必要があります。
ありきたりな名前を付けると、ユーザーがすでに定義しているカスタムフィールドと名前がバッティングすることが起こり得ます。
例えば、ベースネームを「price」や「size」などにすると、既存のカスタムフィールドとバッティングする可能性が高いと思われます。

MT Cloud Starter Kit
Movable Typeのプラグイン集「MT Cloud Starter Kit」をぜひご利用ください