ブログ記事/ウェブページの日付を公開日時に自動変更するプラグイン(MT5用)

昨日、Movable Type 5のβ2がリリースされました。
そろそろ、当ブログで公開しているプラグインも、MT5対応を進めたいと思います。

最初の例として、ブログ記事/ウェブページの日付を公開日時に自動変更するプラグイン(ReleaseDate)をMT5に対応させました。
Movable Type 5β2で動作を確認しました。

2009年9月18日 14時5分
ブログ/ウェブサイトのプラグインの管理画面で、レイアウトが乱れる不具合がありました。
修正したファイルをアップロードしなおしました。

1.インストール

まず、以下のリンクをクリックして、ファイルをダウンロードします。

ReleaseDate_1_41.zip

ファイルを解凍すると、「ReleaseDate」というフォルダができます。
このフォルダを丸ごと、Movable Typeのインストール先にある「plugins」ディレクトリの中にアップロードします。

2.利用方法

プラグインをインストールすると、ブログ記事およびウェブページの編集を行うページの「公開」の箇所に「公開日時の自動変更」という項目が追加されます。
「公開時に日時を自動変更」のチェックをオンにしておくと、ブログ記事/ウェブページを公開する時点で、その日時に自動的に変更されます。

また、「現在日時に変更」のボタンをクリックすると、「公開日」の欄に、ボタンをクリックした時点の日時が自動的に入力されます。
そして、「公開時に日時を自動変更」のチェックはオフになります。

公開日時の自動変更

3.デフォルトの動作の変更

ブログ記事/ウェブページを新規作成した時点では、「公開時に日時を自動変更」のチェックがオンになるようになっています。
しかし、「普段は日時を自動変更しないが、たまに自動変更したい場合がある」という方もいらっしゃいます。
そのような方のために、ブログ記事を新規作成した時点で、このチェックをオフにするように設定することもできます。

ブログまたはウェブサイトの管理画面で「ツール」→「プラグイン」を選んで、プラグインの設定を行うページを開きます。
そして、ReleaseDateプラグインの箇所で「設定」のタブをクリックします。
これで、「ブログ記事の公開時に日時を自動変更する」(ブログの場合のみ)と、「ウェブページの公開時に日時を自動変更する」のチェックボックスが表示されますので、チェックをオフにして、「変更を保存」ボタンをクリックします。

自動変更の設定

4.ライセンス

このプラグインは、以下のようにデュアルライセンスでご提供します。

4-1.MT5個人ライセンス/MT5商用ライセンスと組み合わせる場合

  • 改変・再配布は自由に行っていただいてかまいません。
    ただし、改変して再配布する場合、原作者のクレジットは残しておいてください。
  • 無料でご利用いただくことができます。
    ただし、プラグインの開発やサポートのご支援のために、ドネーションをご検討いただければ幸いです。

4-2.MTOSと組み合わせる場合

  • GPLv2に従います。
  • 無料でご利用いただくことができます。
    ただし、プラグインの開発やサポートのご支援のために、ドネーションをご検討いただければ幸いです。

MT Cloud Starter Kit
Movable Typeのプラグイン集「MT Cloud Starter Kit」をぜひご利用ください