ブログに設定を追加するプラグイン(その1)

MOVABLETYPE.ORGに、Six ApartのByrne Reese氏作の「Config Assistant」というプラグインが公開されました。
yamlファイルを作るだけで、ブログに独自の設定項目を追加することができるプラグインです。

今日は、そのインストールの方法と、設定画面の例を紹介します。

1.プラグイン紹介の前に

先日、CSS Niteビギナーズに参加した際に、講師の1人である山田あかね(purprin)さんに、「Movable Typeで、ブログにカスタムフィールドを追加したい」という話を伺いました。
しかし、カスタムフィールドでは、ブログにフィールドを追加する機能は残念ながらありません。

一方、MTOS-DEVメーリングリストで、2008年5月にByrne Reese氏から、「yamlファイルを作るだけで、ブログに設定を追加できるような機能を、MTに搭載したい」といった提案がなされていました。
これが実現すれば、カスタムフィールドほど簡単ではないにしても、一応はブログにカスタムフィールド的な機能を付けることができます。

この提案から半年を経て、Config Assistantプラグインが公開されました。

2.プラグインのインストール

Config Assistantプラグインの解説のページに、ダウンロードのリンクがありますので、そこからダウンロードします。
ダウンロードしたZipファイルを解凍すると、「plugins」というフォルダができますので、それをMovable Typeのインストール先ディレクトリにアップロードします。

ただ、こちらで動作を試したところ、作成される設定画面のレイアウトが若干乱れる問題がありました。
「plugins」→「ConfigAssistant」→「lib」→「ConfigAssistant」ディレクトリにある「Plugin.pm」というファイルで、「full-width」を検索して(2か所あります)、「width90」に置換すると、レイアウトが乱れなくなりました。

3.設定を追加するサンプル

Config Assistantプラグインを使って、ブログに設定を追加するサンプルを作ってみました。
以下からダウンロードすることができます。

SampleBlogConfig_1_00.zip

ダウンロードしたファイルを解凍すると、「SampleBlogConfig」というフォルダができます。
このフォルダを、Movable Typeの「plugins」ディレクトリにアップロードします。

この後、ブログのメニューで「設定」→「プラグイン」を選んでプラグインの一覧を開くと、その中に「Sample Blog Config」というプラグインが表示されます。
プラグインの設定タブをクリックすると、設定を行うことができます。

configassistant01.png

この画面のように、値の入力は、1行テキスト/テキストエリア/チェックボックス/セレクトでできるようになっています。

また、設定した値は、テンプレートの中でテンプレートタグ(ファンクションタグ)を使って参照することができます。
また、チェックボックスのオン/オフの状態は、条件判断のブロックタグで参照するようにすることもできます。
Sample Blog Configプラグインでは、以下のテンプレートタグを追加するようにしています。

設定項目テンプレートタグテンプレートタグの種類
ブログのスタイルシートMTBlogStylesheetファンクション
ブログのキーワードMTBlogKeywordファンクション
ブログのキーワードを使うMTBlogIfUseKeywordブロック
ブログについての何らかのテキストMTBlogTextファンクション

MT Cloud Starter Kit
Movable Typeのプラグイン集「MT Cloud Starter Kit」をぜひご利用ください