Windows XP用のInternet Explorer 7日本語版の誤配布

10月5日の一部の時間帯に、Windows XP(Service Pack 2)用のInternet Explorer 7が、Microsoft Updateの自動更新で誤って配布されました。

お詫び:自動更新機能によるInternet Explorer 7の予定外配信に関して(マイクロソフト)

Windows XP用のInternet Explorer 7は、ダウンロードの形ではすでに配布されています。
しかし、Mirosoft Updateでの自動更新での配布はまだ行われておらず、日本語版の自動更新での配布は2008年以降とされていました。

参考:Internet Explorer 7 の自動更新による配布(マイクロソフト)

今回の件では、何らかのミスによって、意図しない自動配布が行われてしまったようです。

Internet Explorer 7は、タブブラウズ機能などの便利な点があります。
一方、Internet Explorer 7では正しく表示できないサイトもあります。
そのため、あえてIntenret Explorer 6のままで使っている方も結構いらっしゃると思います。
そのような方にとっては、意表を突かれるトラブルだったかも知れません。

なお、Intenret Explorer 7がインストールされてしまった場合、アンインストールしてInternet Explorer 6に戻すことができます。
削除方法は、前述のマイクロソフトのページを参照してください。

MT Cloud Starter Kit
Movable Typeのプラグイン集「MT Cloud Starter Kit」をぜひご利用ください