2017年2月のMT東京で「Xamarin+Data APIで作るモバイルアプリ」のセッション

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

Movable Type Advent Calendarの13日目です。
2017年2月のMT東京のイベントでお話する予定の「Xamarin+Data APIで作るモバイルアプリ」について、概要を紹介します。

スマートフォンやタブレットが当たり前になり、モバイルアプリを使う機会が非常に増えました。
それに伴って、Webだけではなく、モバイル向けのアプリを作ることが必要な場面も多くなりました。

ただ、iOSとAndroidとでは、開発環境やプログラム言語が異なります。
そのため、iOS用とAndroid用の両方に対応したアプリを開発するのは、簡単ではありません。

そこで、アプリ開発をなるべく共通化できるような環境が、いくつか作られています。
その1つに「Xamarin」(「ザマリン」と発音)があります。

Xamarinは、C#言語でiOS/Androidアプリを開発できるようにするものです。
かつてはXmaarin Inc.が開発していた製品ですが、現在はMicrosoftに買収されて、Microsoft製品の一部になっています。
Microsoftの統合開発環境であるVisual Studioで、Xamarinを使ったモバイルアプリを開発することができます。
iOS/Androidのそれぞれのネイティブに近い形でプログラミングできる「Xamarin.iOS」「Xamarin.Android」や、UI作成まである程度共通化できる「Xamarin.Forms」といった仕組みが用意されていて、アプリに応じた作り方を選ぶことができます。

2月のMT東京のイベントでは、このXamarinとMovable TypeのData APIを組み合わせて、モバイルアプリを作ることについてお話しする予定です。
Xamarinと組み合わせられるC#用のData APIライブラリを開発して、それを使うことを想定しています。

2月のMT東京のイベントは、2月23日(木)の夜を予定しています。
皆様ぜひお越しください。

MT Cloud Starter Kit
Movable Typeのプラグイン集「MT Cloud Starter Kit」をぜひご利用ください