メールフォームプラグインV2.0・その17(各種エラー時の処理)

メールフォームプラグインでは、メールが短時間に連続して送信された時などに、送信エラーページが表示されるようにしています。
その際のエラーメッセージをカスタマイズする方法を解説します。

1.標準のエラーメッセージ

送信エラーページのテンプレートの中で、MTErrorMessageタグを使うと、メールフォームプラグインの標準のエラーメッセージを表示することができます。

2.エラーメッセージのカスタマイズ

エラーメッセージをご自分の好きなようにカスタマイズしたい場合、以下の条件タグを使ってエラーの発生を判断するようにします。

エラー条件タグ
メールの送信に失敗したときMTMailIfSendError
返信メールの送信に失敗したときMTMailIfAutoReplyError
連続送信されたときMTMailIfThrottled
IPアドレスでブロックされたときMTMailIfIPBanned
スパムと判定されたときMTMailIfSpam

たとえば、メールが連続送信されたときに、「短時間でのメールの連続送信はご遠慮いただいています。」のエラーメッセージを表示したい場合、送信エラーのテンプレートに以下のようなタグを入れます。

<MTMailIfThrottled>
<p>短時間でのメールの連続送信はご遠慮いただいています。</p>
</MTMailIfThrottled>

同様の手順で、他のエラーに対するメッセージもカスタマイズすることができます。

MT Cloud Starter Kit
Movable Typeのプラグイン集「MT Cloud Starter Kit」をぜひご利用ください