メールフォームプラグインV2.0・その11(チェックボックスの追加)

今日は、メールフォームプラグインV2.0で、メールフォームにチェックボックス(<input type="checkbox"...>)を追加する方法を解説します。

1.「メールフォーム共通部分」のテンプレートへのタグの追加

まず、「メールフォーム共通部分」のテンプレートに、チェックボックス用のフィールドを追加します。
以下のようなタグを書くことで、チェックボックスを追加することができます。
なお、「送信値」とは、チェックがオンにされたときに、メール送信のCGIに送信される値のことです。

<input type="checkbox" name="フィールド名" value="送信値"<MTIf name="フィールド名"> checked="checked"</MTIf> />

また、初期状態でチェックをオンにしておくなら、「メールフォーム」のテンプレートの先頭に、以下のようなタグを追加します。

<MTSetVar name="フィールド名" value="送信値">

なお、フィールド名は自由に指定できますが、メールフォームプラグインの内部で使っている名前と重複しないようにする必要があります。
フィールド名の制限は、テキストボックスの追加のエントリーを参照してください。

2.例

メールフォームに、「要返信」というチェックボックスを追加したいとします。
フィールドの名前は「mail_require_reply」にするものとします。
また、チェックがオンのときには、メールフォームプラグインのCGIに「1」という値を渡したいとします。
この場合、「メールフォーム共通部分」のテンプレートには、以下のようなタグを入れます。

<p>
<input type="checkbox" name="mail_require_reply" id="mail_require_reply" value="1"<MTIf name="mail_require_reply"> checked="checked"</MTIf> /> 要返信
</p>

また、このチェックボックスを初期状態でオンにしたいなら、「メールフォーム」のテンプレートに以下のようなタグを入れます。

<MTSetVar name="mail_require_reply" value="1">

MT Cloud Starter Kit
Movable Typeのプラグイン集「MT Cloud Starter Kit」をぜひご利用ください