Twitterの情報を表示するプラグイン(その2)

昨日、Movable Type用のTwitterの情報を表示するプラグインを公開しました。

例も掲載していましたが、その例ではテンプレートを再構築した時点のTimelineが表示されます。
ページにアクセスした時点で、リアルタイムのTimelineを表示するものではありませんでした。
そこで今日は、拙作のリアルタイム再構築プラグインと組み合わせて、AjaxでリアルタイムでTimeline等を表示できるようにする方法を解説します。

1.リアルタイム再構築プラグインのインストール

リアルタイム再構築プラグインをまだインストールしていない方は、まずそのインストールを行います。
リアルタイム再構築プラグインは、以下からダウンロードすることができます。

RealtimeRebuild_1_04.zip

ダウンロードしたファイルを解凍すると、「RealtimeRebuild」というフォルダができます。
このフォルダを、Movable Typeの「plugins」ディレクトリに丸ごとアップロードします。

2.prototype.jsのインストール

リアルタイムの表示を行う際には、Ajaxを利用します。
そこで、prototype.jsを入手して、サーバーにアップロードしておきます。

prototype.jsは以下のサイトで入手することができます。

Prototype JavaScript Framework

このページにある「Download」のリンクをクリックし、次のページで「Download the latest stable version」のリンクをクリックすると、prototype.jsをダウンロードすることができます。
ダウンロードしたprototype.jsは、Blogの出力先ディレクトリにアップロードしておきます。

3.prototype.jsの組み込み

次に、Movable Typeにログインし、Twitterの情報を表示するページのテンプレート(メインページや各アーカイブページ)のヘッダー部分(<head>~</head>)に、以下のタグを追加します。

<script type="text/javascript" src="<$MTBlogURL$>prototype.js"></script>

4.Twitterの情報を表示するためのテンプレート・モジュールを作成

次に、Twitterの情報を表示するためのテンプレート・モジュールを作成します。

テンプレート・モジュールを新規作成し、「テンプレート名」の欄に「TwitterModule」と入力します。
そして、「モジュールの内容」の欄に、以下を入力します。

<MTTwitterFriendsTimeLine>
<p><a href="<$MTTwitterUserLink$>" target="_blank"><img src="<$MTTwitterUserImage$>" width="48" height="48" alt="<$MTTwitterUserName$>" style="float : left; margin-right : 5px; margin-bottom : 5px; border : 1px solid #999999;" /><$MTTwitterUserName$></a><br /><$MTTwitterDate format="%H:%M"$><br /><$MTTwitterText$><br style="clear : both;" /></p>
</MTTwitterFriendsTimeLine>

↓Twitterの情報を表示するためのテンプレート・モジュールを作成
Twitterの情報を表示するためのテンプレート・モジュールを作成

5.テンプレート・モジュールのリアルタイム再構築を許可する

次に、4.で作ったテンプレート・モジュールを、リアルタイム再構築できるように設定します。

Blogの設定のページを開き、「プラグイン」のタブで、「RealtimeRebuild」のところの「設定を表示」のリンクをクリックします。
すると、プラグインの設定を行う状態になりますので、「再構築を許可するテンプレート」の欄で、「[テンプレート・モジュール]TwitterModule」を選び、「変更を保存」ボタンをクリックします。

↓TwitterModuleのリアルタイム再構築を許可する
TwitterModuleのリアルタイム再構築を許可する

6.Twitterの情報の表示先を作成する

次に、メインページ等のテンプレートを開き、サイドバー内でTwitterの情報を表示したい位置にタグを追加します。

Movable Typeの標準テンプレートの場合は、以下のようなタグを追加します。

<div class="module-twitter module">
   <h2 class="module-header">Twitter</h2>
   <div id="twitter" class="module-content">
      <p>Now loading...</p>
   </div>
</div>

また、小粋空間様のテンプレートの場合、以下のようなタグを追加します。

<div class="sidetitle">
Twitter
</div>
 
<div id="twitter" class="side">
<p>Now loading</p>
</div>

7.Ajaxの処理を行うJavaScriptを追加

次に、6.で追加したタグの後に、Ajaxの処理を行うために以下のJavaScriptを追加します。

<script type="text/javascript">
//<![CDATA[
var ajax_obj = new Ajax.Request(
    '<$MTRealtimeRebuildCGIPath$>',
    { method : 'get',
      parameters : '<$MTRealtimeRebuildQueryParam tmpl_name="TwitterModule" ajax="1"$>',
      onSuccess : twitter_success,
      onFailure : twitter_failure,
      requestHeaders: ['If-Modified-Since','Wed, 15 Nov 1995 00:00:00 GMT']
    }
);

function twitter_success(obj)
{
    $("twitter").innerHTML = obj.responseText;
}

function twitter_failure(obj)
{
    $("twitter").innerHTML = '読み込みに失敗しました';
}
//]]>
</script>

8.動作の確認

ここまでで作業は終わりです。
ページを表示して見て、TwitterのTimelineがリアルタイムで表示されることを確認します。

ただし、本エントリーを投稿した時点では、Twitterのサーバーがやや不安定なようで、情報がしばらく更新されないこともあります。

MT Cloud Starter Kit
Movable Typeのプラグイン集「MT Cloud Starter Kit」をぜひご利用ください