Windows 8でスタートメニュー

2012年10月26日(金)に、Windowsのニューバージョンである「Windows 8」が発売されます。
Windows 8では、タブレット等のタッチデバイスに最適化したユーザーインターフェースが採用されました。

ただ、従来のユーザーインターフェースとは大きく違い、慣れるまでは戸惑うことも多いです。
そこで、Windows 8で従来のようなスタートメニューを使う方法を調べてみました。

Windows 8で、従来同様のスタートメニューを実現するフリーソフトとして、以下のようなが公開されています。

これらの中から、Classic Shellを試してみました。
元々は英語版のソフトですが、日本語化されたバージョンが配布されています。

Classic ShellでWindows 7風スタートメニューを表示した

Windows Vista/7風のスタートメニューを表示できるだけでなく、Windows XP風や、Windows 2000風のスタートメニューも表示することができます。
また、ログイン時にMetroスクリーンをスキップして、デスクトップが表示されるようにすることもできます。
これなら、Windows 8をWindows 7とほぼ同じ感覚で使うことができそうです。

MT Cloud Starter Kit
Movable Typeのプラグイン集「MT Cloud Starter Kit」をぜひご利用ください