アクションストリームプラグイン(MT5用)

Movable Type 4.25で、「モーション」と「アクションストリーム」の2つの機能が追加されました。
ところが、Movable Type 5にはこれらは同梱されなくなります。

当ブログではアクションストリームを使っていて、Movable Type 5でも使い続ける予定です。
そこで、アクションストリームプラグインを書き換えて、Movable Type 5で動作するようにしてみました。
管理画面のテンプレートを一部書き換えただけで、プラグインのロジックは変更しなくても動作しました。

1.インストール

Movable Type 5用のアクションストリームプラグインは、以下からダウンロードすることができます。

ActionStreams_2_10b.zip

ダウンロードしたファイルを解凍すると、「plugins」と「mt-static」の2つのフォルダができます。
これらのフォルダを、Movable Typeのインストール先ディレクトリにアップロードします。

なお、Movable Type 5を新規にインストールした後で、このプラグインをインストールした場合、その直後にMovable Typeにログインする際に、データベースのアップグレードのメッセージが表示されます。
画面の指示に従って、アップグレードの操作を行います。

2.利用法

プラグインの利用法は、従来のアクションストリームプラグインとほぼ同じです。

利用サービスの設定は、以下の手順で行うことができます。

  • Movable Type 5にログインします。
  • ユーザーダッシュボードが表示されますので、「ユーザー情報の編集」のリンクをクリックします。
  • ユーザー情報を編集するページが開きます。
  • 右サイドバーの「ユーザー属性」の部分にある「利用サービス」のリンクをクリックします。
  • 利用サービスの追加や設定を行うページが開きます

利用サービスの設定

ブログやウェブサイトにアクションストリームを出力する方法は、従来のプラグインと同じです。
MOVABLE TYPE.JPのアクションストリームに関するドキュメントを参照してください。

MT Cloud Starter Kit
Movable Typeのプラグイン集「MT Cloud Starter Kit」をぜひご利用ください