Google Web ElementsとGoogle Maps API V3

Googleが、「Google Web Elements」という機能を公開しました。
Googleマップなどを自分のWebページに貼りつけやすくする機能です。

また、Google Maps API V3も公開されました。

Google Web Elements

Google Web Elementsは、現時点では以下の8種類が公開されています(すべて英語版)。

いずれも、Web上でいくつかの項目を設定するだけで、HTMLのコードが自動的に生成されます。
そのHTMLのコードをご自分のWebページに貼り付けるだけです。

例えば、「Maps」のGoogle Web Elementでは、地図のサイズ/タイプ/マーカーを付ける位置の住所/マーカーのタイトルを入力するだけで、HTMLが生成されます。
例えば、以下のような地図を、Google Web Elementで作ることができます。

Google Maps API V3

Google Maps APIも、バージョンアップしたV3が公開されました。

V2とは異なり、API Keyが不要になっています。
また、JavaScriptの書き方もV2とは全く変わっています。

なお、ASCII.JPの「Web Professional」で私が担当しているページで、次週にGoogle Maps API v3の概要を紹介する予定です。

MT Cloud Starter Kit
Movable Typeのプラグイン集「MT Cloud Starter Kit」をぜひご利用ください