Google Maps導入支援ページ用JavaScriptの修正

以前に、Google Mapsを表示するためのJavaScriptを簡単に作成する「Google Maps導入支援ページ」を公開しました。
ただ、当ブログの読者の方から、「マーカーが表示されなくなった」という不具合の指摘をいただきました。

調べてみたところ、Google MapsのAPIが一部変更されていたことが原因でした。
この点を修正したものを公開します。

1.easy_googlemaps.jsの差し替え

Google Maps導入支援ページでは、「easy_googlemaps.js」というJavaScriptを使って、Google Mapsを表示しています。
このJavaScriptを修正版に差し替えていただければ、地図を正しく表示できるようになります。

以下のリンクからZipファイルをダウンロードし、それを解凍すると、「easy_googlemaps.js」ファイルができます。
そのファイルを、元のファイルに上書きでアップロードします。

EasyGooglemaps_1_01.zip

2.Google Maps本体のJavaScriptの読み込み部分の変更

Google Maps本体のJavaScriptを読み込む方法も、以前からは変更されています。

現状では従来の方法でも読み込むことができますので、当面は上記の1.の作業だけを行えば、Google Mapsが表示されます。
ただ、今後のことや、他のGoogle系のAPIと組み合わせることも考慮して、Google Maps本体のJavaScriptを読み込む部分も変えておくことをお勧めします。

これまでは、Google Maps本体のJavaScriptは、以下のようにして読み込んでいました。
赤字の「API Key」の箇所は、ご自分のサイトのAPIキーに置き換えます。

<script src="http://maps.google.com/maps?file=api&amp;v=2&amp;key=API Key" type="text/javascript" charset="utf-8"></script>

この部分を以下のように変えます。

<script type="text/javascript" src="http://www.google.com/jsapi?key=API Key"></script>
<script type="text/javascript">
//<![CDATA[
  google.load("maps", "2");
//]]>
</script>

MT Cloud Starter Kit
Movable Typeのプラグイン集「MT Cloud Starter Kit」をぜひご利用ください