TwitterのメッセージをWPの記事にする

昨日に続いて、近日発売予定のTwitter本で、ページ数の関係でカットした原稿を、当Blogで公開します。
今日は、Alex King氏が開発した「Twitter Tools」というプラグインを使って、Twitterに送信したメッセージを、WordPressのブログ記事にする方法を紹介します。

1.TwitterToolsプラグインの概要

TwitterToolsプラグインは、WordPressに以下のような機能を追加するプラグインです。

  • Twitterに送信した1つ1つのメッセージを、ブログの記事として保存する
  • Twitterに送信した1日分のメッセージをまとめて、ブログの記事として保存する
  • WordPressの管理画面からTwitterにメッセージを送信する
  • ブログに記事を書いたときにTwiterにメッセージを送信する
  • サイドバーにTwitterの最新メッセージを表示する
  • サイドバーからTwitterにメッセージを送信する

ここでは、上記の機能のうち、Twitterに送信したメッセージをブログの記事として保存する方法を解説します。

2.TwitterToolsプラグインのインストール

TwitterToolsプラグインは、以下の手順でインストールします。

2-1.TwitterToolsプラグインのダウンロード

まず、以下のページからTwitterToolsプラグインをダウンロードします。

TwitterToolプラグインのページ

ページに接続すると、その右上の方に「Download」のボタンがあります。
それをクリックしてダウンロードします。

TwitterToolsのダウンロードページ
TwitterToolsのダウンロードページ

なお、TwitterToolsプラグインは、WordPress 2.1.xと2.2.xに対応しています。
本記事の時点では、WordPressは2.3.1にバージョンアップしていますが、TwitterToolsのバージョン2.3対応版はまだテスト中で、正式版は出ていませんでした。
テスト版は以下のページからダウンロードすることができます。

Twitter ToolsのWordPress2.3対応テスト版のダウンロードページ

2-2.TwitterToolsプラグインのインストール

ダウンロードしたZipファイルを解凍すると、「TwitterTools.php」と「README.txt」の2つのファイルができます。
このうち、「TwitterTools.php」を、WordPressのインストール先の「wp-content」→「plugins」ディレクトリにアップロードします。

次に、WordPressにログインし、メニューの「プラグイン」をクリックして、プラグイン一覧のページを開きます。
そして、「有効化」のリンクをクリックして、プラグインを有効化します。

↓TwitterToolsプラグインを有効化したところ
TwitterToolsプラグインを有効化したところ

3.TwitterToolsプラグインの初期設定

TwitterToolsプラグインのインストールが終わったら、次に初期設定を行います。

WordPressにログインし、メニューの「各種設定」をクリックすると、その下の段にサブメニューの項目が表示されます。
その中に「Twitter Tools」のリンクがありますので、それをクリックして設定画面を開きます。

Twitterのメッセージをブログの記事として保存するには、以下の各項目を設定します。
設定が終わったら、「Update Twitter Tools Options」のボタンをクリックします。

設定項目設定内容
Twitter Username
Twitter Password
Twitterのユーザー名とパスワードを入力します。
その下の「Test Login Info」ボタンをクリックすると、ログインできるかどうかのチェックを行うこともできます。
Create a blog post from each of your tweets?Twitterに送信した個々のメッセージをブログの記事として保存したい場合、この欄で「Yes」を選びます。
Create a daily digest blog post from your tweets?Twitterに送信したメッセージを1日ごとにまとめてブログの記事に保存したい場合、この欄で「Yes」を選びます。
Title for digest posts「Create a daily digest blog post from your tweets?」で「Yes」を選んだ場合、記事のタイトルの形式をこの欄に入力します。
タイトル中に「%s」を入れると、それは日付に置換されます。
Select a category for your tweets記事を投稿するカテゴリーを指定します。

↓TwitterToolsプラグインの初期設定
TwitterToolsプラグインの初期設定

4.設定の完了

ここまでの設定が終わると、Twitter Toolsプラグインが動作するようになります。
そして、ブログに誰かがアクセスすると、Twitterの最新メッセージがチェックされるようになります。
ただし、前回にチェックしてから30分経過するまでは、チェックは行われません。

MT Cloud Starter Kit
Movable Typeのプラグイン集「MT Cloud Starter Kit」をぜひご利用ください