最近トラックバックがあったエントリーを一覧表示するプラグイン(MT4専用)

「最近トラックバックがあったエントリーを一覧表示するプラグイン」のMT4専用版を公開します。

1.インストール

まず、以下のリンクをクリックして、プラグインのファイルをダウンロードします。

EntriesRecentlyPinged_1_10.zip

ダウンロードしたファイルを解凍すると、「EntriesRecentlyPinged」というフォルダができます。
このフォルダを丸ごと、Movable Typeの「plugins」ディレクトリにアップロードします。

なお、旧版のプラグインをお使いだった場合、「plugins」ディレクトリの中に、「EntriesRecentlyPinged.pl」というファイルがあります。
そのファイルは削除しておいてください。

2.MTEntriesRecentlyPingedタグ

このプラグインをインストールすると、「MTEntriesRecentlyPinged」というブロックタグが追加されます。
このタグは、最近トラックバックがあったエントリーを順に出力する働きをします。

また、このタグでは以下のアトリビュートを指定することができます。

include_blogs="x,y,z" 検索対象のBlogのIDを指定します。
「include_blogs="all"」とすると、すべてのBlogを対象に検索します。
exclude_blogs="x,y,z" 検索から除外するBlogのIDを指定します。
lastn="x"最大でx個のエントリーを出力します。

ブロックの中では、MTEntries系のタグを使ってエントリーの情報を出力することができます。

3.例

最近トラックバックがあったエントリーを10個表示し、そのそれぞれについて最近のトラックバックを5個ずつ表示する場合、以下のようにMTEntriesRecentlyPingedタグを使います。

<ul>
<MTEntriesRecentlyPinged lastn="10">
<li><a href="<$MTEntryPermalink$>"><$MTEntryTitle$></a>
<ul>
<MTPings sort_order="descend" lastn="5">
<li><a href="<$MTPingURL$>"><$MTPingTitle$>(<$MTPingBlogName$>)<$MTPingDate format="%Y/%m/%d %H:%M"$></a></li>
</MTPings>
</ul>
</li>
</MTEntriesRecentlyPinged>
</ul>

4.Recentsプラグインとの違い

このプラグインと似たようなプラグインとして、昨日紹介したの「Recents」があります。
ただ、両者には動作の違いが若干あります。

Recentsプラグインは、最近のコメントやトラックバックを、エントリーごとにまとめて出力する働きをします。
表示されるコメントやトラックバックは、最近のものだけになります。

一方、このプラグインは、最近トラックバックがあった「エントリー」を出力するものです。
そのため、古いエントリーに久々にトラックバックがついた場合、古いトラックバックが表示されることもあります。

お好みに応じて、このプラグインか、Recentsプラグインのどちらかを選ばれると良いでしょう。

なお、2つのプラグインを両方ともインストールすると、「MTEntriesRecentlyPinged」のタグ名がバッティングします。
両方のプラグインを使いたい場合、このプラグインの「EntriesRecentlyPinged.pl」のソースの33行目を以下のように書き換えて、タグ名を「MTEntriesRecentlyPingedB」にすると良いでしょう。

MT::Template::Context->add_container_tag(EntriesRecentlyPingedB => \&entryrecentlypinged);

MT Cloud Starter Kit
Movable Typeのプラグイン集「MT Cloud Starter Kit」をぜひご利用ください