リアルタイム月送りカレンダーAjax版(MT標準テンプレート用)

小粋空間さんで紹介されている「リアルタイム月送りカレンダー」は、Movable Typeのカスタマイズの中では、人気が高いものの1つです。
ただ、そちらのカスタマイズではiframeタグが使われています。
iframeタグはXHTML1.1では廃止されるので、ページをXHTML1.1で公開したい場合に問題があります。

そこで、iframeタグではなく、Ajaxを使ってカレンダーを月送りするカスタマイズを紹介します。
今回は、Movable Type標準テンプレート用のカスタマイズ手順を取り上げます。

1.必要なJavaScriptの入手

まず、以下のサイトからprototype.jsを入手します。

Prototype JavaScript Framework

また、小粋空間さんからdayChecker.jsを入手します。

dayChecker.jsのダウンロード

dayChecker.jsをダウンロードしたら、メモ帳等でそのファイルを開き、その最後に以下を追加して保存します。

function setWeekendAndHoliday() {
    var element = document.getElementById("calendarTable");
    var summary = element.getAttribute("summary");
    var year = summary.split("/")[0];
    var month = summary.split("/")[1];
    var spans = element.getElementsByTagName("span");
    var day;
    for (i = 0; i < spans.length; i++) {
        if (spans[i].parentNode.nodeName == "TD") {
            if(spans[i].innerHTML.indexOf("href") != -1){
                day = spans[i].getElementsByTagName("a")[0].innerHTML;
            } else {
                day = spans[i].innerHTML;
            }
            if (isHoliday(year, month, day)) {
                spans[i].setAttribute('class', 'holiday');
                spans[i].setAttribute('className', 'holiday');
            } else if(isSaturday(year, month, day)) {
                spans[i].setAttribute('class', 'saturday');
               spans[i].setAttribute('className', 'saturday');
            }
            if (isToday(year, month, day)) {
                spans[i].parentNode.setAttribute('class', 'today');
                spans[i].parentNode.setAttribute('className', 'today');
            }
        }
    }
}

ここまでが終わったら、prototype.jsとdayChecker.jsをBlogの出力先ディレクトリにアップロードします。

2.プラグインのインストール

次に、Movable Typeに「EncodeAjax.pl」というプラグインをインストールします。

以下のアドレスに接続すると、プラグインのソースコードが表示されます。

EncodeAjax.plのソースコード

そのソースコードをすべてコピーし、メモ帳等に貼り付けて、「EocodeAjax.pl」というファイル名をつけて保存します。
そして、そのファイルをMovable Typeの「plugins」ディレクトリにアップロードします。

3.カレンダー出力用テンプレートの作成

次に、月別アーカイブテンプレートを利用して、カレンダーを出力するようにします。
アーカイブテンプレートを新規作成して、テンプレート名を「カレンダー」等にし、テンプレートの内容として以下を入力します。

<MTEncodeAjax>
<h2 class="module-header"><MTArchivePrevious><a href="#" onclick="javascript:load_calendar('<$MTArchiveDate format="%Y/%m">'); return false;">< </a></MTArchivePrevious><$MTArchiveDate format="%B %Y"$><MTArchiveNext><a href="#" onclick="javascript:load_calendar('<$MTArchiveDate format="%Y/%m">'); return false;"> ></a></MTArchiveNext></h2>
<div class="calendar">
<table id="calendarTable" summary="<$MTArchiveDate format="%Y/%m"$>">

<tr>
<th abbr="日曜日" class="sunday">Sun</th>
<th abbr="月曜日">Mon</th>
<th abbr="火曜日">Tue</th>
<th abbr="水曜日">Wed</th>
<th abbr="木曜日">Thr</th>
<th abbr="金曜日">Fri</th>
<th abbr="土曜日" class="saturday">Sat</th>
</tr>

<MTCalendar month="this">
<MTCalendarWeekHeader><tr></MTCalendarWeekHeader>
<td><MTCalendarIfBlank><MTElse><span></MTElse></MTCalendarIfBlank><MTCalendarIfEntries>
<MTEntries lastn="1">
<a href="<$MTEntryPermalink$>"><$MTCalendarDay$></a>
</MTEntries>
</MTCalendarIfEntries><MTCalendarIfNoEntries><$MTCalendarDay$></MTCalendarIfNoEntries><MTCalendarIfBlank> 
<MTElse></span></MTElse></MTCalendarIfBlank></td><MTCalendarWeekFooter></tr></MTCalendarWeekFooter></MTCalendar>
</table>
</div>
</MTEncodeAjax>

4.テンプレートのマッピング

次に、テンプレートのマッピングを設定します。

Blogの設定のページを開き、「公開」タブに切り替えます。
ページを下の方にスクロールし、「アーカイブ・マッピング」の部分を表示します。
そこで「マッピングの新規作成」のリンクをクリックします。
すると、マッピングを追加する状態になりますので、「アーカイブの種類」の欄で「月別」を選び、「テンプレートの欄でカレンダー用のテンプレートを選んで、「追加」ボタンをクリックします。

↓マッピングの追加
マッピングの追加

次に、マッピング一覧の「月別」の部分で、カレンダーの出力フォーマットを指定します。
「出力フォーマット」の欄で右端のボタンをクリックすると選択肢が表示されますので、その中の「カスタマイズする」を選びます。
すると、出力フォーマットを入力できる状態になりますので、「%y/%m/calendar.html」と入力し、「変更を保存」ボタンをクリックします。

↓出力フォーマットの設定
出力フォーマットの設定

5.スタイルシートの追加

次に、スタイルシートのテンプレートを開き、以下を追加します。

.calendar {
    margin: 5px 0;
    text-align: center;
}
.calendarhead {
    padding-bottom: 5px;
    font-size: 9px;
    letter-spacing: 0.2em;
}
.calendar table {
    padding: 0;
    border-collapse: collapse;
}
.calendar th {
    padding-bottom: 3px;
    font-size: 9px;
    width: 23px;
}
.calendar td {
    padding: 2px 0;
    font-size: 10px;
    line-height: 120%;
}
.today {
    display: block;
    border: 1px solid #444444;
}
.sunday,
.holiday,
.holiday a:link,
.holiday a:visited {
    color: #e50003;
}
.saturday,
.saturday a:link,
.saturday a:visited {
    color: #0000ff;
}

6.メインページのテンプレートの書き換え

次に、メインページのテンプレートを書き換え、カレンダーを出力するようにします。
まず、ヘッダー部分に以下のタグを追加します。

<script type="text/javascript" src="<$MTBlogURL$>prototype.js"></script>
<script type="text/javascript" src="<$MTBlogURL$>dayChecker.js"></script>

そして、サイドバー部分でカレンダーを表示したい位置に、以下を追加します。

<div id="calendar" class="module-calendar module">
</div>
<script type="text/javascript">
<!--
load_calendar('<MTEntries lastn="1" sort_order="descend"><$MTEntryDate format="%Y/%m"$></MTEntries>');

function load_calendar(month)
{
    $("calendar").innerHTML = '<h2 class="module-header">Loading...</h2>';
    var calendar_aj
        = new Ajax.Request('<$MTBlogArchiveURL$>' + month + '/calendar.html',
                            { method: "get",
                              onComplete: display_calendar });
}

function display_calendar(obj)
{
    $("calendar").innerHTML = obj.responseText;
    setCurrentDate();
    setWeekendAndHoliday();
}
//-->
</script>

最後に、Blogを再構築すれば、作業は完了です。
メインページに接続して、カレンダーを月送りできることを確認します。

MT Cloud Starter Kit
Movable Typeのプラグイン集「MT Cloud Starter Kit」をぜひご利用ください