エントリー内の画像をリストアップするプラグイン(その6)

昨日は「エントリー内の画像をリストアップするプラグイン」の利用例を紹介しましたが、さらにいくつかの利用例を紹介します。

最近の画像をエントリーごとにまとめて表示する

まず、最近の画像をエントリーごとにまとめて表示する方法です。
これは、前日のリストの部分をMTEntriesHaveImagesタグで囲むことで行うことができます。

例えば、以下のようにすると、最近の画像を含むエントリーが5つリストアップされ、そのエントリーのタイトルと、エントリーに含まれる画像が表示されます。

<MTEntriesHaveImages lastn="5">
<p><$MTEntryTitle$></p>
前日のリスト
</MTEntriesHaveImages>

最近の画像をカテゴリーごとにまとめて表示する

最近の画像をカテゴリーごとにまとめて表示することもできます。
それには、前日のリストをMTCategoriesタグやMTSubCategoriesタグで囲みます。

例えば、以下のようにすると、最近の画像がカテゴリーごとにまとめられ、各カテゴリーの先頭にはカテゴリー名が表示されます。

<MTSubCategories>
<MTEntriesIfHaveImages>
<p><MTParentCategories glue=":"><MTCategoryLabel></MTParentCategories></p>
前日のリスト
</MTEntriesIfHaveImages>
<MTSubCatsRecurse>
</MTSubCategories>

カテゴリーごとに最近の画像のページを出力する

上の例では1つのページに全カテゴリーの最近の画像を出力しましたが、カテゴリーごとに別々のページを出力することもできます。手順は以下のようになります。

1.カテゴリーアーカイブテンプレートを開き、内容をコピーします。
2.アーカイブテンプレートを1つ作成します。
3.テンプレートの名前を「最近の画像(カテゴリー)」にし、1.でコピーしたテンプレートを貼り付けます。
43.のテンプレートからエントリー一覧を出力する部分を削除し、代わりに前日のリストを挿入します。
5.テンプレートを保存します。
6.Blogのメニューで「環境設定」の中の「設定」をクリックして設定のページを開き、「公開」のタブに切り替えます。
7.「アーカイブ・マッピング」の部分にある「マッピングを新規作成」のリンクをクリックします。
8.マッピングを作成する状態になりますので、「アーカイブの種類」で「カテゴリー」を選び、「テンプレート」で「最近の画像(カテゴリー)」を指定して、「追加」ボタンをクリックします。

↓マッピングの作成
マッピングの作成

9.「最近の画像」テンプレートの出力フォーマットの欄で「カスタマイズする」を選び、「%c/recentimages.html」と入力します。

↓出力フォーマットの設定
出力フォーマットの設定

10.「変更を保存」ボタンをクリックしてマッピングを保存し、カテゴリーアーカイブを再構築します。

ここまでで作業は終わりです。
.「http://カテゴリーアーカイブのディレクトリ/recentimages.html」にアクセスすると、個々のカテゴリーの画像一覧のページが表示されます。

MT Cloud Starter Kit
Movable Typeのプラグイン集「MT Cloud Starter Kit」をぜひご利用ください