Movable Type 3.2日本語版Release-2とその変更点

Movable Type 3.2日本語版の最初のリリースでは、Berkeley DBと組み合わせると、以下のような不具合がありました。

  • 個別アーカイブページやエントリー編集画面で、前後のエントリーへのリンクが消える
  • recently_commented_onを含むテンプレートを再構築すると500エラーが出る

その不具合を修正した「Movable Type 3.2日本語版Release-2」がリリースされました。

SixApartのニュースリリース

初版とRelease-2とで変更されたファイルを検索し、変更された箇所をざっと見てみると、以下の通りでした。

ファイル修正箇所
lib/MT.pmバージョン番号の表記
lib/MT/ObjectDriver/DBM.pmBerkeleyDBのデータ読み込み処理関係
lib/MT/Template/ContextHandler.pmMTEntriesタグのrecently_commented_onの処理
mt-static/docs/mtchanges.htmlドキュメントへの変更点の追加
php/mt.phpバージョン番号の表記

上記の5つのファイルを差し替えればRelease-2になるはずですが、不安な方は全ファイルを上書きすることをお勧めします。

当方ではMySQLを使っているので、Berkeley DBがらみの問題は関係がありませんでしたが、一応バージョンアップしておきました。

MT Cloud Starter Kit
Movable Typeのプラグイン集「MT Cloud Starter Kit」をぜひご利用ください